体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【極上グルメ】もはや幻となった天下一品の「超こってりラーメン」が凄い / 擬似超こってりは仙台店

tenka-ippin4

こってりラーメンで人気の「天下一品」は、京都府で生まれた絶品ラーメンの名店です。一度食べたら最後、ヤミツキになって毎日のように通ってしまう人もいるほど。ある意味、日本国民に浸透した「日本を代表するラーメン」といっても過言ではないでしょう。

・スープの濃さのバリエーション
そんな天下一品ですが、ラーメンのスープを「あっさり」と「こってり」と「こっさり」から選べますよね。でも他にもスープの濃さのバリエーションがあるのです。かつて大阪と東京の一部店舗だけで「超こってり」を提供していたのです。お店の伝票には「こてこて」と書かれます。

tenka-ippin
tenka-ippin1
tenka-ippin3
tenka-ippin4
tenka-ippin5
tenka-ippin2

・普通のラーメンよりも時間がかかる
残念ながら、現在は「超こってり」の提供はしていませんが、かつて50円を支払うことで超こってりラーメンを食べることができました。実際に食べてみましたが、これがもうドロッドロのジェルのような状態。しっかりとスープを煮詰めて提供するため、普通のラーメンよりも時間がかかります。

・土鍋に入ったラーメンを提供
もう二度と食べられない超こってりラーメンですが、天下一品の仙台にある店舗では、グツグツと煮えている土鍋に入ったラーメンを提供してくれます。そのスープの状態は、若干ながら超こってりラーメンに近いものがありますよ。

もっと詳しく読む: もはや幻となった天下一品の「超こってりラーメン」が懐かしい / 擬似超こってりは仙台店(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2018/05/26/tenkaippin-kotteri/

Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。