体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

思い出の地を旅する男と女――大人の艶やかなラブストーリー

18052615

『ブリキの太鼓』でアカデミー賞外国語映画賞、カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞した名匠・フォルカー・シュレンドルフ監督が長年にわたり企画を温めてきたという映画『男と女、モントーク岬で』が公開。

作家のマックスは、実らなかった恋の思い出を綴った新作のプロモーションでニューヨークを訪れる。そこで、かつての恋人・レベッカと再会を果たすが、レベッカは別れてからの出来事を語ろうとしなかった。失意のマックスだったが、ニューヨークを発つ3日前、レベッカからモントーク岬への旅に誘われる。そこは、幸せだった頃の2人が訪れた思い出の場所だった――。

レベッカの真意、過去の秘密とは? 忘れられない恋を思い出してしまう、大人のラブストーリー。公開は、5月26日より。

男と女、モントーク岬で
監督:フォルカー・シュレンドルフ
出演:ステラン・スカルスガルド、ニーナ・ホス
(2017年/ドイツ・フランス・アイルランド)
5月26日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
©︎Ziegler Film/Franziska Strauss
http://montauk-movie.com/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。