体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カメラがニョキっと出てくるVivoのスマホ「Apex」、6月に発表?

中国のスマホメーカーVivoが、今年2月にスペインで開かれたモバイル・ワールド・コングレスでノッチなしのコンセプトスマホ「Apex」を発表したのを覚えている読者もいるだろう。

全面スクリーンもさることながら、カメラがポップアップ式というデザインでも話題になった。そのApex、どうやら実際に発売されるようだ。VivoがスポンサーをつとめるW杯の広告ビデオにApexがしっかりと映っている。

・指紋センサーを埋め込み

海外メディアによると、Apexは6月12日に公開される見込みという。

広告ビデオはYouTubeでも閲覧でき、映像をみると確かにそこにはスクリーンが目一杯広がるノッチなしのApexが映っている。2月に発表したプレスリリースでVivoが「フルビュー」と表現していた通りのデザインだ。

スクリーンにはまた、指紋センサーが内蔵されているようだが、この指紋センサー埋め込みはX20 Plus UDで採用済みなので、さほど驚くことではないだろう。

・0.8秒でカメラがポップアップ

一方で目を引くのが、カメラがニョキっと飛び出すデザイン。通常カメラがあるはずのあたりに、カメラは普段引っ込んでいて、必要な時だけ出てくる。

カメラを出したり引っ込めたりは面倒なのではと思う人もいるかもしれないが、コンセプトのプレスリリースでは、カメラが出てくるのにかかる時間はわずか0.8秒とある。そのままであれば、多くの人にとって許容範囲といえそうだ。

ノッチなし、そしてポップアップ式カメラ。発表されれば大きな話題となること間違いなしで、その斬新さを市場がどう受け止めるかも見ものだ。

Vivo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。