体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

警察官の拳銃「サクラ」は5発の実弾をフル装填

警察官の拳銃「サクラ」は5発の実弾をフル装填

警察官は自衛官と並んで、拳銃の携帯を許可された特殊な職業。警察官による発砲事件も起きており、マニアならずとも注目している人は多いでしょう。制服警察官が装備する拳銃は自動拳銃ではなくリボルバー。ニューナンブがよく知られていますが、現行モデルは「サクラ(M360J)」となっています。

警察官の拳銃ニューナンブは絶版

「ニューナンブM60」は、1960年より警察官の拳銃として調達が開始されたミネベア製の国産リボルバー。リボルバーとは回転式の弾倉を持った拳銃のことで、制服警察官が装備するのは基本的に5連発のリボルバーです。

ニューナンブM60はすでに絶版モデル。銃身の長さに2インチ(51mm)と3インチ(77mm)があって、特に3インチの命中精度が高く、射撃大会用に選抜射手が携帯していることが多いといいます。

ニューナンブM60の生産終了後に大量導入された、S&W社製のリボルバーが「M37エアウェイト」です。アルミ合金を多用した軽量モデルですが、何発か撃つとシリンダー基部に亀裂が入る事例が頻発し、現在では調達が中止されています。

警察官の拳銃の現行モデルはサクラ

2006年以降に警察官の拳銃として調達が続いているのが「サクラ(M360J)」です。38口径リボルバーで、S&W社のM360(エアライト)をベースにした日本警察の別注モデルとなっています。

なお、一部で警察官の拳銃は「1発目が空砲」といわれますが、5発の実弾をフル装填して携帯しています。私服警察官などはリボルバーではなく小型のオートマチックを装備しますが、その場合も支給弾は5発。予備弾は携行しません。

これら警察官の拳銃を間近で楽しめるのがモデルガンと電動ガンです。外観上はほぼ同一ですが、アクティブにサバイバルゲームを楽しむならエアガン、構造のリアルさを愛でるならモデルガンがオススメです。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
覆面パトカーの見分け方「ユーロアンテナ」とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。