体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レッドブル・エアレース】26日フリープラクティス速報・ホールとマクロードがトップ。室屋は8・10位

【レッドブル・エアレース】26日フリープラクティス速報・ホールとマクロードがトップ。室屋は8・10位

 5月26日、レッドブル・エアレース千葉大会予選前最後のフリープラクティス2・フリープラクティス3が行われ、フリープラクティス2はオーストラリアのマット・ホール選手、フリープラクティス3はカナダのピート・マクロード選手がトップタイムをマーク。室屋選手は8位と10位に終わりました。続いて予選が行われます。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 午前中に行われたフリープラクティス2は、マット・ホール選手が56秒236でトップ。2位はチェコのマルティン・ソンカ選手で56秒394、3位はカナダのピート・マクロード選手で56秒787でした。

 午後に行われたフリープラクティス3は、カナダのマクロード選手がただひとり55秒台に突入して55秒262でトップ。続いてホール選手が56秒055、ソンカ選手が56秒233で続きました。


 室屋選手はフリープラクティス2は57秒221で8位。フリープラクティス3はゲート6でインコレクトレベルを喫し、2秒ペナルティで57秒806となり、10位になりました。

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

【レッドブル・エアレース】レースコントロールへようこそ【取材こぼれ話をゆるレポ】
【レッドブル・エアレース】26日朝インタビュー
【レッドブル・エアレース】サイン会は大人気【取材こぼれ話をゆるレポ】

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。