体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レッドブル・エアレース】レースコントロールへようこそ【取材こぼれ話をゆるレポ】

【レッドブル・エアレース】レースコントロールへようこそ【取材こぼれ話をゆるレポ】

 モータースポーツであり、航空イベントであるレッドブル・エアレース。その頭脳ともいえるのがレースコントロールです。航空部門のすべてをつかさどるレースコントロール内部をご紹介しましょう。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 レースコントロールは、レーストラックを見渡せる場所にあります。ここはレースを行う航空機の管制塔であり、モータースポーツの審判席です。

 建物はコンテナを重ねたような構造で、似ているものといえば工事現場の現地事務所が近いですね。裏側から内部に入ります。

 階段を上って最上階へ。そこにレースコントロールの青いドアがあります。


 内部で審判長(ヘッドジャッジ)セルジオ・プラ・メリノさんの解説で内部を見てみましょう。

 内部は大きく分けて、航空管制を担う部分と競技の審判席に分かれます。入り口ドアに近い方が航空管制。奥が審判席です。

 レース機には精密なGPSシステムのほか、40ものセンサーが付いており、1秒間に100回の頻度で位置情報を送信しています。これにより、レーストラックのどこにレース機がいるか、地図上にリアルタイムで分かる仕組み。もちろん、タイムも正確に測定できます。

 各ゲートには正面と横、2か所からカメラで撮影しており、インコレクトレベルの測定はこれで行います。


 レース機は高速で三次元の空を動き回るため、このような精密なセンサーシステムが競技のジャッジを行っているわけですね。

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

【レッドブル・エアレース】26日朝インタビュー
【レッドブル・エアレース】サイン会は大人気【取材こぼれ話をゆるレポ】
【レッドブル・エアレース】フリープラクティス1はドルダラーがトップ、室屋5位

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。