体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ずっと一緒に遊んでいた友達と「ちがう人生」を歩んでいくこと

ずっと一緒に遊んでいた友達と「ちがう人生」を歩んでいくこと

 

「女の子が撮る、女友達の写真」ってちょっと特別な気がします。

もちろんすべての人が、と言い切れるものではありませんが、女性って選ぶ道によって本当に人生が「変わりやすい」もの。

たとえば、仕事をしている、していない、結婚している、していない、子どもがいる、いない。これらは本当にざっくりとした選択肢ですが、どれを選ぶかで生活は変わってきますし、そのときに抱く悩みなんかも、大きく違ってきますよね。

 ずっと一緒に遊んでいた友達と「ちがう人生」を歩んでいくこと

 

どちらが正解で、どちらが偉くて、どちらがより良い人生で、みたいなそんな話ではなく。数ある分かれ道のどれかを選びつづけて、みんなで過ごした無邪気な時間の先にある「自分の人生」を、ひとり歩いていかなくてはいけないときがあります。

さみしいけれど、またどこかで会えたとき。それぞれが素敵になっていることを願って、その「いつか」を楽しみにしていたいもの。

たくさんの時間を分けあう瞬間の記憶を、尊ぶように記録しつづけられたZinnah Bellの写真をみて、そんなことを思うんです。

 Licensed material used with permission by zinnahbell

関連記事リンク(外部サイト)

「男友達が多い女性」心の叫び
「親友」と「友達」の間にある5つの壁
お悩み相談は女よりも男の友達に!その理由4つ

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。