体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

充電も電源もBluetoothも不要。なのにゴージャスな「スピーカー」

充電も電源もBluetoothも不要。なのにゴージャスな「スピーカー」

わたし、スピーカー選びに困っています。

最近では木製だったりメタル製だったり、いかにもスピーカーらしい見た目のものだけじゃなく、ルックスが魅力的なものも見かけるようになりました。でも、どれもなんだかしっくりこない……。

見た目がよければ、音はダメ。音がよければ、見た目はダメ。

この無限ループなのです。

ちなみにもはやBluetooth接続は必須だと思っているけれど、たまに接続が不安定になることもありますよね。かといって、コード接続のものは外で使いにくいからイマイチ。

Bluetooth接続なし。
見た目のイケ度は満点。
音は……

充電も電源もBluetoothも不要。なのにゴージャスな「スピーカー」© 2017/Moreno Ratti充電も電源もBluetoothも不要。なのにゴージャスな「スピーカー」© 2017/Moreno Ratti充電も電源もBluetoothも不要。なのにゴージャスな「スピーカー」© 2017/Moreno Ratti

これ、ただの大理石の置きものと思ったら大間違い。
石をくり抜いて、ホーン型にしているスピーカー「Trombetta」です。コードもなければ、Bluetooth接続もなし。ホーン部分だけを頼りに音を響かせているのです。要は、拡声器と同じ発想。デザイン性は完璧ですよね。まるごと大理石のスピーカーなんて、見たことない!

ちなみにこの「Trombetta」を手掛けたイタリアのデザイナーMoreno Rattiさんは、大理石が大好きで、過去数年で大理石を用いたインテリアを複数手掛けているそうで、こちらはその一つ。

で、肝心の音はというと……

うむうむ。スマホから響きわたる音は、見事に大理石の壁にぶち当たって、硬い音として石の筒から弾き出されていますね。

……はい、正直に言えば機能性には欠けています。

でも、シンプルなのに唯一無二なデザインだから、リビングのどこにでも染まってくれそうだし(文ちんにもなるよねぇ)、この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧く。

このスピーカーを分類するとすれば、完全に「見た目がよければ、音はダメ」タイプ。

でも、デザイン性も機能性も、両方を欲張りすぎないもの一つの手なのかもしれません。だってこの時代にこんな発想のスピーカー持っている人ってなかなかいないし!スピーカー選びで迷ったら、思いっきりアナログに大理石から音を鳴らしてみてはどうでしょう。充電も電源もBluetoothも不要。なのにゴージャスな「スピーカー」© 2017/Moreno RattiLicensed material used with permission by Moreno Ratti

関連記事リンク(外部サイト)

この絵画の中に、「スピーカー」が隠されている。
部屋のどこかにスピーカーがあるのに「見つからない」
冷蔵庫が奏でる「音楽」を聴こう!

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。