体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レッドブル・エアレース】26日朝インタビュー

【レッドブル・エアレース】26日朝インタビュー

 5月26日朝に行われたハンガーでのインタビューをお届けします。25日のフリープラクティスを終えて、パイロットたちが印象を語ってくれました。その一部をご紹介します。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

■マティアス・ドルダラー選手

 風は強かったけど、タイムが出て満足しているよ。トラックレイアウトは去年とほぼ同じで、縦のターンをするゲートが30mほど沖合に移動したけど、変わらず忙しくターンするレイアウトだから、とにかくスムーズにいかないとね。

■マルティン・ソンカ選手

――2戦続けてエンジン関係のトラブルでのDQについて、エンジンの修理はできたんですか?

 実はシリンダーとか、エンジンの部品がカンヌ大会の翌日の月曜日に届いた時には、機体の方は梱包されて送り出されてしまったんだ。ちょうど入れ違いになっちゃたんだよ。だからカンヌの状態から手を加えられてないんだ。今度はトラブルフリーになってくれるといいんだけど……。

■マイケル・グーリアン選手

――今年はとてもいいスタートを切れていますね。

 本当にチームも非常にい状態で、機体も仕上がってるから、自信をもって臨めてるね。

――開幕戦の記者会見で言及したように、携帯やパソコンは今回も使ってない?

 今回も使ってないよ(笑)。レースに集中するのが大事だからね。

■カービー・チャンブリス選手

――去年からチャンピオンを取った時の頃の強さが戻ってきましたね。

 今シーズンも自信をもって臨めているよ。

――今回は去年とほぼ同じレイアウトで、ターンでGをかけすぎず、運動エネルギーをいかに維持するかがポイントだと思いますが。

 その通りだね。去年はラウンド・オブ8で縦のターンの時にオーバーGをしてしまったけど、それに気を付けないと。両端のターンは非常に大事だね。エネルギーを失わないよう、Gをかけすぎず、しかもクイックにいかないといけないから、そのバランスが大事なんだ。

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

【レッドブル・エアレース】サイン会は大人気【取材こぼれ話をゆるレポ】
【レッドブル・エアレース】フリープラクティス1はドルダラーがトップ、室屋5位
【レッドブル・エアレース】たった2時間でこのありさま……日焼け止めは忘れずに!【取材こぼれ話をゆるレポ】

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。