体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【期間限定】銀座でおかわり自由の極上銀シャリ体験。おいしいご飯の炊き方も伝授

誰でも炊ける?!【期間限定】銀座で極上の銀シャリ体験。

おいしいごはん食べてますか?

誰でも炊ける?!【期間限定】銀座で極上の銀シャリ体験。
最近はお米のごはんやパスタなどの炭水化物を摂る量を制限する低炭水化物ダイエットが流行っていたり、おいしいごはんを炊くことができる炊飯器が人気だったりと、お米にまつわる話題には事欠きません。

とはいえ、ご飯を食べる量が多くても少なくても、せっかくだったらおいしいごはんを食べて心から満足したいですよね。

おいしいごはんの基本条件は、

• おいしいお米
• おいしい水
• おいしい炊き方

の3つ。これに、味わい深いおかずがそろえばバッチリです。

誰でも炊ける?!【期間限定】銀座で極上の銀シャリ体験。
銀座で期間限定開催の「薫亭」ではそのすべてが堪能できますよ(2018年5月25日から6月5日までのランチタイム限定です)。

ところで「薫亭」って何なんでしょう?

誰でも炊ける?!【期間限定】銀座で極上の銀シャリ体験。
この期間限定の薫亭。開催される場所はエルメス銀座店のすぐそばにある「八代目儀兵衛」です。「京都の米老舗のお米兄弟が作り出す銀シャリ体験」というコンセプトの米割烹。お米マイスターが目利きした厳選米。のど越しを生む精米技術と、味を重ね合わせるブレンド技術。ここまでがお兄さん。そして配合されたコメを、米炊き職人の弟さんが究極の銀シャリに炊くという、米のごはんにこだわった店です。

「薫亭」では、富士山の天然水「フレシャス」を使って炊いた、透き通った香りの銀シャリを堪能することができます。よいお米にはよい水が必要なんですね。

究極の米と富士山の天然水の出会い

誰でも炊ける?!【期間限定】銀座で極上の銀シャリ体験。
今回の「よい水」は、ご家庭に宅配で提供されてウォーターサーバーで使うナチュラルミネラルウォーター「フレシャス」の富士山の天然水です。カルシウム、マグネシウムの成分や軟水のなかでも硬度が低い、まろやかで口当たりのよい水。この水の特徴に合うように、オリジナル米「薫」が準備されました。長野県飯山市産のコシヒカリと、新潟県佐渡島産ゆめごごちの2種です(期間中いずれか一方が提供されます)。洗米から研ぎ、焚きまでのすべての行程で富士山の天然水が使用されます。

米と水に合う山梨の食材を使った料理

誰でも炊ける?!【期間限定】銀座で極上の銀シャリ体験。
薫亭が提供するのメニューが「フレシャスの富士山贅沢御膳」(1980円)です。山梨・甲州の食材をぜいたくに使っています。おかわり自由の銀シャリに合わせた料理がこちらです。

・富士吉田で作られた昔ながらの田舎味噌「丸甲の味福」を使ったお味噌汁
・甲州地鶏の出汁から作った茶碗蒸し
・山梨の名産「わかさぎ」の天ぷら
・高原野菜の小鉢
・甲州牛を使った時雨煮 温かいお豆腐を添えて
・富士桜ポークと白菜のさっと煮 柚子胡椒をアクセントに
・富士湧水サーモンの山椒焼き

料理の出汁にも、もちろん天然水が使用されています。かなりのこだわりですよね。味わってみれば、その味に納得。そして、おいしいごはんとのコンビネーションが嬉しいんです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。