体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オートクチュールの世界で惹かれ合う男女の美しく艶やかな駆け引き

18052613

『パンチドランク・ラブ』、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』などで知られるポール・トーマス・アンダーソンが、ファッションデザイナーの仕事に関心を持ったことをきっかけに、仕立て屋とミューズの関係に着目し、映画化した『ファントム・スレッド』が公開。

舞台は、1950年代のロンドン。唯一無二のデザインと職人技術で高級婦人ファッション界の中心に君臨する仕立て屋のレイノルズは、ウェイトレスのアルマと惹かれ合い、彼女を新たなミューズに迎える。レイノルズにとって、創作に不可欠なインスピレーションと一時の癒しをもたらす、それ以上でもそれ以下でもない存在……だったはずのアルマだが、若く情熱的な愛の力でレイノルズの心に入り込み、彼が長年かけて築き上げた孤高の領域をかき乱していく――。

愛の物語を彩る映像、美術、衣装、音楽……美しくエレガントなディテールのすべてに目が離せない。公開は、5月26日より。

ファントム・スレッド
監督・脚本:ポール・トーマス・アンダーソン
出演:ダニエル・デイ=ルイス、ヴィッキー・クリープス、レスリー・マンヴィル
(2017年/ドイツ・フランス・アイルランド)
5月26日(土)シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
©︎2017 Phantom Thread, LLC All Rights Reserved
http://www.phantomthread.jp/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。