体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自分の風邪をきっかけに夫に頼ろうと決意!1日娘のお世話を任せたところ…

f:id:akasuguope01:20180319220406j:plain

結婚してからも休日に友人と外出したり旅行へ行っていた主人は、子どもが生まれてからもあまり変わることなく、週に1度は必ず友人とゴルフなどに出かけていました。

羨ましく感じながらも、私は子どもがいるため離れることができません。

もちろん子どもは大好きでしたが、朝から晩まで24時間365日どこでも一緒で、本を読むこともままならず、それでいて家事はすべて私。お風呂もゆっくり入れずいつもシャワーのみ。ご飯は子どもに食べさせた後になってしまうので、冷めたものをいつも食べていました。

息抜きすることがなかなかできず、少しずつストレスが溜まっていったのです。 関連記事:夫婦でなんでも話すのが当たり前な私たち。育児中のストレスも夫に話して発散!

ある時、主人が風邪をひき、娘にうつってしまいました。

ようやく治ったものの翌月再び同じことが。主人の看病をすれば娘が泣き、娘をあやしていると主人に呼ばれるという状態……。

2人が治ったとたん今度は私が体調を崩し1週間動けなくなってしまったのです。

その間家事は全くできず、育児もなんとか最低限だけこなす日々。

無事治ったものの、このまま疲れが取れないと今後に響くと思い、主人に頼み、1日娘を見ていてもらうことにしました。

これまで大変だったことを話し、今後もこの状態だとまた体調を崩してしまうと伝えると、何とかOKを貰うことができました。

約1年ぶりの1人でのお出かけは、朝からカフェでゆっくりと食事をしたり、子どもがいると行けない美術館や岩盤浴などを巡り、身も心もたっぷり癒されました。

そして帰るころには娘と主人はどうしているかなあとソワソワしている自分に気づきました。

玄関のドアをあけると家の中から笑い声が! 部屋で主人と娘が追いかけっこをしていて、2人でひっくり返って遊んでいたんです。私を見つけると娘は直ぐ駆け寄ってきたものの、1日楽しくやっていたんだと感じました。

主人に聞いてみるとぐずることなく、仲良く1日遊んでいたようで、娘と2人で不安がっていた主人もすっかり自信満々に。

私もそれまでは自分が頑張らないといけないと思っていたのですが、頼ってもいいんだとわかり、肩の荷が下りたような気持ちになりました。 関連記事:久々の一人外出でストレス発散のはずが…!? 家のことが気になって仕方ない!

たった1日ですが私はリフレッシュでき、主人と娘は仲を深めることができたのです。今後も家族3人で支えあい、楽しく過ごせるよう努力したいと思います。

f:id:akasuguope01:20180214182931j:plain

著者:りっこ

年齢:26歳

子どもの年齢:1歳4ヶ月

裁縫や料理の好きなひとり娘を溺愛中の主婦。活発な娘に連れていかれる公園遊びが日課です。日々楽しい子育てを目指しながらも、初めての子育てに奮闘しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

子どもといるとつい注意散漫になってしまう。産後に急加速した物忘れ by トキヒロ
憧れの芸能人ママのように、何でも完璧にこなさなければと思い込みすぎて…
産後1番のストレスとは…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。