体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クミン好きは、カレーよりもこの料理にハマる

クミン好きは、カレーよりもこの料理にハマる

インド料理の定番スパイスの一つに「クミン」があります。スーパーの香辛料売り場に行けば、瓶詰めされたつぶつぶのクミンシード(ホールスパイス)もあれば、パウダー状のものも。

種類や合わせる食材によって、本場のカレーにはこのどちらも用いるのですが、ここでの主役はシードのほう。ところで、クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。クミン好きは、カレーよりもこの料理にハマる

クミンの歴史と
カレー以外の活用法

歴史は古く、紀元前のエジプトまで遡ることができます。インドをはじめ、中東の国々の食卓にも頻繁に登場し、中国では内臓疾患を未然に防ぐ生薬として、漢方薬に用いられてきました。

クミンの使い方ですが、サラダに一振り入れるだけでエキゾチックな香りで食卓を彩ってくれます。牛肉の臭み消しにも使え、その場合はパウダー状のものを焼く前に揉み込むといいですよ。また、ピクルス作りの際に混ぜても、お酢のキツい香りを抑えてくれます。

中でもおすすめしたいのが、インド料理の「サブジ」です。ホクホクねっとりのジャガイモに、クミンのスパイシーな香りと強めの塩気で味を整えれば、おつまみにぴったりです。

香り高いクミンと
ホックホクのじゃがいもがたまらない
「サブジ」

クミン好きは、カレーよりもこの料理にハマる

材料:2人分

じゃがいも:3個
タマネギ:1/4個
サラダ油:大さじ2
クミンシード:小さじ1/2
輪切り唐辛子:小さじ1/3
すりおろしにんにく:小さじ1
すりおろし生姜:小さじ1
ターメリック:小さじ1/3
ガラムマサラ:小さじ1/3
塩:小さじ1/3
こしょう:適量

作り方

【1】じゃがいもは2cmに切り茹でる。タマネギはみじん切りにしておく。

【2】フライパンにサラダ油とクミンシードを入れ、中火にかけ香りが出てきたら輪切り唐辛子とすりおろしたにんにくと生姜を加える。

【3】そこにタマネギを加え、透き通ってきたらじゃがいも、ターメリック、ガラムマサラを加えて炒め、塩とこしょうで味を整える。Licensed material used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY

関連記事リンク(外部サイト)

スパイスの香りに誘われて、鎌倉・築100年の古民家へ。
料理が楽しくなるスパイス入りの「黄色い本」
【研究結果】毎日の「小さじ1杯のクミン」が、体脂肪の燃焼に効く!?

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。