体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レッドブル・エアレース】サイン会は大人気【取材こぼれ話をゆるレポ】

【レッドブル・エアレース】サイン会は大人気【取材こぼれ話をゆるレポ】

 5月25日のフリープラクティス後、パイロットたちのオートグラフセッション(サイン会)が浦安のレースエアポートで行われました。実は千葉大会、パイロットたちの評判が非常にいいのです。それは熱心なファンが多く、パイロットそれぞれにファンがいるから。これに感激するんですね。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 オートグラフセッションは17時から始まったのですが、フリープラクティス終了まで幕張の会場で撮影をしていた筆者が、急いで電車で移動して浦安のレースエアポートについたのは18時半。もう入場はとうに締め切られた後だったのですが、まだまだサインを待つファンが残っていました。

 パイロットはみんな、ファンと交流するのを楽しみにしています。子供たちには、腰を下ろして目線をそろえて握手。

 こういう時に「粋だなぁ」と思うのは、ニコラ・イワノフ選手。ちょっとした仕草が様になるんですよね。「伊達男」という言葉がよく似合う、大人の魅力あふれるパイロットです。

 ファンは、それぞれのパイロットが喜びそうなプレゼントを持ち寄ります。マクロード選手の「パワースナック」、品川巻(のり巻きあられ)は良く知られていますね。それ以外にも、様々な趣向を凝らしたプレゼントがあって、パイロットたちはその心遣いに感謝しています。

 そして「日本のファンはレッドブル・エアレースをよく知っているね」と驚くのは、レースを支える人たちにもファンがサインを求めること。レースディレクターのスティーブ・ジョーンズさんにも人だかりができます。スティーブさんはかつてレッドブル・エアレースに参戦していたパイロットでもあり、それを覚えているファンや、さらにポール・ボノムさんとのエアロバティック・ペア「マタドールズ」も知っているファンも。

 今年も熱心なファンが多く詰めかけ、オートグラフセッションは予定時間を大幅にオーバーして終わりました。

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

【レッドブル・エアレース】フリープラクティス1はドルダラーがトップ、室屋5位
【レッドブル・エアレース】たった2時間でこのありさま……日焼け止めは忘れずに!【取材こぼれ話をゆるレポ】
【レッドブル・エアレース】小さい垂直尾翼で母国3連覇に挑む・室屋義秀直前会見

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。