体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

栽培前に必読!ナスの育て方|家庭菜園図鑑

栽培前に必読!ナスの育て方|家庭菜園図鑑

ポピュラーな野菜の育て方のコツを紹介する家庭菜園図鑑シリーズ。今回は、ナスの育て方をご紹介します。病害虫対策、苗の植え付け方、支柱の立て方、肥料の与え方、収穫方法などを網羅!

「つぎ木苗」で病害虫の被害を防ごう

梅雨のころから秋の半ばまで、長く収穫できるナス。つぎ木苗(丈夫な台木に栽培する品種をついだ苗)を選べば病害虫の被害を受けにくく、収穫量も増えます。価格は一般的な苗より割高ですが、ぜひ栽培してみて。
ナスは肥料が大好きで、いったん肥料切れを起こすと生育が悪くなり、なかなか回復しません。元肥をしっかり入れて土作りを行い、定期的な追肥も忘れずに。
梅雨明け後には、アブラムシやアザミウマの被害にも要注意。株の周囲に粘着シートを設置しておけば、誘引して吸着してくれます。

※寒冷地……北海道、東北、新潟県、富山県、石川県、高冷地。
中間地……福井県、関東甲信、東海、近畿、中国、九州北部。
暖地……四国、九州南部、沖縄県。

【栽培データ】ナス科
●畝のサイズ畝幅:70cm、株の間隔:70~80cm
●適正PH:6.0〜~3週間前)苦土石灰:100〜150g/m²
●元肥(1〜2週間前。溝施肥)牛ふん堆肥:0.5l/m²、有機配合肥料(N-P-K=3-9-10程度):180〜200g/m²、熔成リン肥:50g/m²、米ぬか:0.2l/m²
●病害虫:アブラムシ、アザミウマなど

 

【育て方Point1】苗の植えつけ

本葉7〜9枚のつぎ木苗を選んで植えましょう。
栽培スペースに深さ・幅15cmの溝を掘って堆肥と肥料を入れ、埋め戻して畝を立てます。ポリマルチを張ってナスの苗を植え、竹ひご2本を交差させてさし、苗を固定。防虫ネットをトンネルがけします。

 

【育て方Point2】支柱立て・整枝

植えつけの約1ヵ月後、防虫ネットを外します。長さ240cmの支柱を1株当たり2本、斜めに交差させてさし、交差部を麻ひもで固定。
最初のナスの花(一番花)の下のわき芽2本を残し、以下はかき取りましょう。

ナス科の野菜は、最初の花のすぐ下のわき芽が最も丈夫でよく育ちます。残したわき芽は、伸びると側枝に。
伸ばす枝を合計3本に限定することで、養分の分散を防ぎます。

 

【育て方Point3】追肥

最初の実(一番果)がついたら、追肥スタート。2〜3週間に1回、化成肥料(N-P-K=8-8-8)40~50g/m²をまきます。
1回目はマルチをめくって、すそのあたりに追肥し、元に戻して。以降は通路にまきましょう。
ナスの肥料切れは厳禁。最後まで生育が悪いままになることもあります。

 

【育て方Point4】収穫

品種にもよりますが、一般的な中長ナスは長さ10〜12cm、長ナスは25cmくらいのころ、ハサミで切って収穫。
ただし、いずれの場合も、一番果は小さめで収穫すると株が疲れず、その後の生育がよくなります。
実が大きくなると皮が硬くなるため、小さいうちに収穫するのがおススメです。

 

ナスの育て方はいかがでしたか?
ぜひ挑戦してみてくださいね。
加藤正明

練馬区の農業体験農園「百匁の里」園主。NHK Eテレ「趣味の園芸やさいの時間」では栽培管理や講師を務める。著書に『加藤流絶品野菜づくり』(万来舎)がある。

栽培前に必読!ナスの育て方|家庭菜園図鑑
家庭菜園についてもっと知りましょう!

Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。