体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【話題】まるで手のひらの上の宝箱!すべて独学の旅手帳に世界中の人が夢中

まるで手のひらの上の宝箱!旅先での思い出を記した旅手帳が素敵
(c) José Naranja

TABIZINE読者のみなさまは、旅先での思い出はどのように残されていますか? ここ数年は、SNSなどで簡単に旅の記録を管理することができるようになりましたよね。けれど今、とある男性がすべて手作業で作り上げる「旅手帳」が素晴らしいと話題を呼んでいます。

デジタル全盛期に話題を呼ぶ手帳とは、いったいどのようなものなのでしょうか。一緒に見ていきましょう。

スペイン人男性とモレスキン手帳の出合い

まるで手のひらの上の宝箱!旅先での思い出を記した旅手帳が素敵
(c) José Naranja

まるで手のひらの上の宝箱!旅先での思い出を記した旅手帳が素敵
(c) José Naranja

目を見張るほど、ち密で繊細な文字や絵の数々。これらは、スペインのマドリード出身のホセ・ナランハ氏(José Naranja)が描き続けている旅の記録なのです。旅先で見かけたものにインスピレーションを受け、ホセさんの豊かなイマジネーションを交えて描かれています。

まるで手のひらの上の宝箱!旅先での思い出を記した旅手帳が素敵
(c) José Naranja

ホセさんがイラストを描き留めているのは、モレスキンの手帳。手になじむ機能的な手帳として世界中で愛されています。

まるで手のひらの上の宝箱!旅先での思い出を記した旅手帳が素敵
(c) José Naranja

ホセさんがモレスキン手帳に出合ったのは、2005年。それまでホセさんは航空技術者として働いていましたが、その出合いから「旅と芸術に専念する」決心をしたのだとか。

まるで手のひらの上の宝箱!旅先での思い出を記した旅手帳が素敵
(c) José Naranja

それ以降、だいたい1年に1冊というペースで芸術的な旅手帳を完成させているそうです。どのようなページがあるのか、少しのぞかせてもらいましょう。

独学で唯一無二のアートを創り出す

まるで手のひらの上の宝箱!旅先での思い出を記した旅手帳が素敵
(c) José Naranja

これが、ホセさんの旅のお供の道具たち。ペンや水彩絵の具のみならず、はさみやのりも持参していますね。

まるで手のひらの上の宝箱!旅先での思い出を記した旅手帳が素敵
(c) José Naranja

実はホセさんは、手描きのイラストのみならず、様々なモノを手帳にコラージュしたりもするのです。こちらは、オランダの切手を貼り付けたページ。

まるで手のひらの上の宝箱!旅先での思い出を記した旅手帳が素敵
(c) José Naranja

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。