体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夫と義父の絵本の読み方がそっくり!無意識にあらわれた親の育児 by 内野こめこ

夫と義父の絵本の読み方がそっくり!無意識にあらわれた親の育児 by 内野こめこ

子供に絵本を読み聞かせているときの読み方って、人によってそれぞれ違いがありますよね。

支援センターや図書館などで他のお母さんが読んでいるのを横から聞いていると

感情をこめた読み方だったり、ゆっくり優しくて温かい声だったりで

素敵なお母さんなんだろうなあ~私はあんな感じで読めてはいないなあと思います。

ところでうちの夫の読み方は少々特徴的でして…

f:id:akasuguedi:20180523100205p:plain

横で聞いてて随分優しいというか、一つ一つ語り掛けるような読み方だなあと思っていて夫の性格からそういう読み方になっているのかなと思っていたのですが、

どうやら夫のお父さんの読み方を無意識に受け継いでいたらしい。

たぶん小さい頃に読み聞かせされていたときの口調が頭に残っていたんでしょうね。 前回エピソード:成長にともない注射への反応も徐々に変化。一番大変だったのは4歳だった… by 内野こめこ

良い意味でも悪い意味でも、それしか知らないので

人は子供を育てるとき無意識に自分の親の育児をロールモデルにしがちといいますが、

なるほど意識もしないような、こんなに細かなところに表れるんだなあと感じました。

私自身もまったく自分では気が付かないようなところで、親のやっていたことを踏襲しているのかも。

ちなみに私の読み方はあんまり抑揚がなく速度が早めのようです。

末っ子で、親に読み聞かせされた記憶はあまりありません。

実母本人に聞いても「あんたは勝手に一人で読んでいた」と言われたので

本当にほとんど読み聞かせされていなかったんでしょう……そのせいかな?(笑) 関連記事:読み聞かせ歴も8年目。闇歴史もあるけど愛おしい、我が家の絵本タイム by マルサイ

f:id:akasuguope02:20150829004937j:plain著者:内野こめこ

年齢:31歳

子どもの年齢:3歳、0歳

28歳で長男出産、長男生後六か月の時に育児漫画ブログを開始。日々子育てに追われつつ、子どもを寝かせた後の夜にごそごそ起き出してブログ用の漫画や関連連載などをちまちま描いています。

ブログ:うちのこざんまい

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

え?ぶたたぬきさんって私のことー!? 3才児は容赦しない! by まつざきしおり
子育てへの理解、お金の使い方、未来のこと…。親になって変化した考え方 by shin
子どもの印鑑は、名前で作るのがオススメ! by チカ母

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。