体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アクセス抜群!新宿に、泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO新宿店」がオープン!

BOOK AND BED TOKYO 新宿店内1

泊まれる本屋(R)がコンセプトの「BOOK AND BED TOKYO」。2018年5月22日(火)に5店舗目となる新宿店がオープンしました!新宿駅から徒歩5分という抜群の立地に加え「BOOK AND BED TOKYO」初のカフェが併設し、より魅力的な店舗になっています。

カフェでは黒をテーマカラーとして、ブラックラテなど黒を基調としたドリンクやフードが味わえちゃうんです♪昼も夜も本とともに楽しめる「BOOK AND BED TOKYO 新宿店」に行ってみたいですね!

「BOOK AND BED TOKYO」って?

ベッド(C)BOOK AND BED TOKYO 2018 「BOOK AND BED TOKYO」のコンセプトは「泊まれる本屋」。ただし本の販売はしていません(笑)。それどころか、ふかふかなマットレスとか低反発の枕とか、寝心地のよい環境もないんです。あるのは例えば「本を読んでいたらいつの間にか寝ちゃった」みたいな、幸せな「寝る瞬間」の体験♪映画を観ながらとかLINEしながらとか、「好きなことをしながらの寝落ち」の体験を用意しているホテルなんです!本棚の中にベッドが埋め込まれているので、まるで本棚の中に眠るような感覚に。本棚(C)BOOK AND BED TOKYO 2018

読み切れないほど大量の本に囲まれて、次は何を読もうかな~なんてわくわくしながら過ごせるのが「BOOK AND BED TOKYO」の魅力。蔵書数は約2,400冊あり、館内には最大4,000冊収納できる本棚が配置されています。

デートで行って一緒に本を堪能するもよし、友人と行ってお互い無言で本を読み漁るもよし、本好きにはたまらない空間になっています。BOOK AND BED TOKYO 新宿店内1(C)BOOK AND BED TOKYO 2018カフェ(C)BOOK AND BED TOKYO 2018

宿泊施設なので寝るスペースはもちろん、ゆったりと座れるソファスペースも充実した広々とした空間。インテリアもおしゃれでシンプル。読書に集中できそうですね。

新宿店には「BOOK AND BED TOKYO」初のカフェも併設されており、宿泊者以外でも11:00から20:00までの利用&持ち帰りができます。

※支払いはクレジットカードのみ。館内販売やデイタイム料金の支払いは交通系ICも利用できますが、現金が使えませんのでご注意を!

様々なブランドともコラボ!アイテムやパジャマも販売

「BOOK AND BED TOKYO」は様々なブランドともコラボレーションしています♪ステーショナリーショップ「トラベラーズファクトリー」、セレクトショップ「1LDK」、パジャマメーカー「NOWHAW」などのブランドとコラボアイテムやオリジナルパジャマを発売しているので、アイテムも気になるところ。

パジャマやアイテムは店舗によって異なりますので、店舗ごとに確認してくださいね。

若い世代に人気!女性からの支持も

個室(C)BOOK AND BED TOKYO 2018
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。