体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソフトバンク、オンライン決済ASPにGoogle Pay APIを導入

ソフトバンク・ペイメント・サービスは 5 月 25 日、同社がアプリ・サイト事業者向けに提供している「オンライン決済 ASP」において、Google の支払いサービス「Google Pay」を利用した決済オプションを提供できるよう、「Google Pay API」への対応を開始しました。
「オンライン決済 ASP」はエンドユーザー向けのサービスではありませんが、これを活用してアプリや WEB サイトに決済機能を組み込んでいる事業者は、今後、Google Pay への対応が容易になり、結果的に Google Pay を利用できるアプリも増えることに繋がります。
その成果はまず、Japan Taxi が提供している「全国タクシー」で利用されており、こういう形で Google Pay への対応アプリが増えていくと期待できます。
Google Pay に対応すると、アプリの「G Pay で支払う」ボタンを通じて、まるで Google Play ストアでアプリを購入するかのように、Google アカウントに登録された様々な方法(クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード等)で決済することができます。
Google Pay は Chrome 等の Google 対応ブラウザでも利用することができ、デバイスを問わず多くの端末で Google Pay による支払いが可能です。
Source : ソフトバンク

■関連記事
LG V35がWPC Qi認証を取得し、端末デザインが判明
Xiaomi Mi 8はQuick Charge 4+に対応か?
Essential Phone 2の開発は中止されたらしい、Andy Rubin氏は会社の売却を検討か?

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。