体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ショーン・メンデス』ショーン・メンデス(Album Review)

『ショーン・メンデス』ショーン・メンデス(Album Review)

 ショーン・メンデス通算3作目のスタジオ・アルバムは、自身の名前をタイトルに冠したことからも、「自信作」であることが伺える。

 前2作も素晴らしかった。2015年リリースのデビュー・アルバム『ハンドリトゥン』は、とても(当時)16歳とは思えない落ち着きが表現された傑作で、3rdシングル「スティッチズ」が全米4位、全英チャートでは初のNo.1を獲得。翌2016年にリリースした2ndアルバム『イルミネイト』も密度の濃い内容で、本作からは「トリート・ユー・ベター」(全米6位/全英6位)と「ホールディン・ミー・バック」(全米6位/全英4位)の2曲がTOP10入りし、アルバムは各国でプラチナ認定される大ヒットを記録した。

 本作からも、「トリ―ト・ユー・ベター」を手掛けたスコット・ハリスとテディ・ガイガーが制作した1stシングル「イン・マイ・ブラッド」が、UKやカナダなどでTOP10入りし、高い評価を得ている。アコースティック・ギターのイントロから壮大なサビに繋げる、ショーンらしいナンバーで、突き抜けるような高音と、甘く語り口調のような低音の高低差あるボーカルが、曲のもち味をうまく引き出した。

 「イン・マイ・ブラッド」と同時にリリースされた「ロスト・イン・ジャパン」は、ファレル・ウィリアムス~ジャスティン・ティンバーレイク直結のファンク・ポップ。本来は声の“張り”を売りにできるタイプだが、この曲では良い意味で終始力の抜けたボーカルを聴かせる。プロデュースは、カミラ・カベロの「ハヴァナ」やカイゴ&セレーナ・ゴメスの「イット・エイント・ミー」を大ヒットさせたルイス・ベル。タイトルからもお分かりの通り、日本について歌われた、遠距離恋愛がテーマのラブ・ソングだ。この曲のノリに近いのが、ワンリパブリックのライアン・テダーが制作した「パティキュラー・テイスト」。ループするフックではラップみたいな歌い回しも飛び出し、ショーンの新たな一面が垣間見える。

 ロードやカリードのデビュー・アルバムを担当した、ニュージーランドのソングライター=ジョエル・リトルがプロデュースした3rdシングル「ユース」も、独創的で良い曲。そのカリードがデュエット・パートナーを務めているだけはあり、オルタナティヴR&Bとアコースティック・ポップが見事にブレンドされた、ネオ・ソウル風のナンバーに仕上がっている。本作収録の「ホエア・ワー・ユー・イン・ザ・モーニング?」も、ファルセットの歌い方と横ノリのオーガニック・サウンドが、ネオ・ソウルっぽい。

 ジャスティン・ビーバーの「ソーリー」(2015年)のソングライターとして注目され、昨年リリースしたソロ・デビュー曲「イシューズ」も大ヒットさせた女性シンガー・ソングライターのジュリア・マイケルズは、2曲を提供。アルバムのリリース直前に配信された「ナーヴァス」は、ショーンがインタビューでも答えているように、故プリンスを彷彿させるファンク・チューン。ジュリア自身がフィーチャリング・アーティストとして参加した「ライク・トゥ・ビー・ユー」は、大自然が目に浮かぶようなカントリー&ウェスタンで、どちらもこれまでのジュリアっぽくない、ショーンに寄せていった感じの傑作だ。

 エド・シーランとジョニー・マクデイドが共作した「フォーリン・オール・イン・ユー」は、まさに“エド節”炸裂のノスタルジックでブルージーな、温もりあるミディアム・ソング。「ビコーズ・アイ・ハド・ユー 」も同調の心に響く良い曲だ。その他にも、言葉ひとつひとつを丁寧に歌う、繊細なバラード曲「ホワイ 」や、ピアノとアコースティック・ギターで仕上げたマイナー調のメロウ「パーフェクトリー・ロング」など、ミディアム~メロウが充実している。声を張り上げていないのに、もの凄い説得力があるショーンのボーカル・ワークも見事。

 イアン・カークパトリック(ジャスティン・ビーバー、ブリトニー・スピアーズなど)が制作した「ミューチュアル」や、ライブで披露したら会場から手拍子が湧き上がりそうな「クイーン」など、初期の作品に近いポップ・チューンも間に挟みながら、アルバムは米ブルックリン出身の女性シンガー・ソングライター=エイミー・アレンが手掛けた、ラストを飾るに相応しい「ホエン・ユア・レディ」で幕を閉じる。

 前2作と違うのは、アンビエント的要素が含まれていること。リスナーを無視したというワケではなく、「ヒットさせなきゃ」という圧みたいなものが感じない、という意味で。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
アルバム『ショーン・メンデス』 
デジタル配信、輸入盤:2018/5/25 RELEASE
日本盤CD:2018/5/30 RELEASE
<初回生産限定スペシャル・プライス盤>
UICL-9116 2,200円(plus tax)

関連記事リンク(外部サイト)

ショーン・メンデス、新曲「ナーヴァス」公開 プリンスの楽曲を彷彿させるコーラスを取り入れた!?
ショーン・メンデス、2019年開催のアリーナ・ツアー日程を発表
「ユースfeat.カリード」ショーン・メンデス(Song Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。