体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界100種類のワインが楽しめる! 日本初上陸「ピノパルーザ」の魅力

世界100種類のワインが楽しめる! 日本初上陸「ピノパルーザ」の魅力
J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「ZOJIRUSHI MORNING INSIGHT」。5月24日(木)のオンエアでは、世界11都市を巡るワインイベント「PINOT PALOOZA (ピノパルーザ)」のオーガナイザー、ダン・シムズさんをお迎えし、ワインについてお話を伺いました。

■「ワインはもっと楽しいもの」

オーストラリアのトップソムリエ、ワインコメンテーターやパーソナリティとして活動しているダンさんは、ワイン「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」のイベント「ピノパルーザ」を企画しています。今回、「ピノバルーザ」を日本で初開催(開催日:5月27日(日))することになり、どんなイベントなのかを伺いました。

ダン:ただ楽しんでワインを飲んでくださいという「ピノ祭り」です。テイスティングでさまざまなワインを楽しんでいただける、そんなイベントなんです。
別所:ピノ・ノワールに拘っている理由はなんですか?
ダン:ピノ・ノワールというのは、本当に素晴らしいワインで、おいしくいただけて軽いし、食事にも合います。

ピノ・ノワールは、纖細で上品な味わいが人気のワイン。「ピノパルーザ」では、オーストラリア、ニュージーランド、イタリア、フランス、アメリカなど、世界中のピノ・ノワールを味わうことができます。

ダン:ワインというと、テイスティングのように「嗜む」という、格式ばった部分があるけれど、もっと楽しいものじゃないでしょうか。アメリカの音楽フェス「ロラパルーザ」みたいに。

■「ピノパルーザ」の魅力

昨年はシンガポール、今年は香港でも開催が決定し、世界11都市を巡る「ピノパルーザ」。客層は女性が多く、35歳以下が60%ほどで、若い世代に支持されています。日本では、5月27日(日)に港区湾岸の複合施設「TABLOID」にて「PINOT PALOOZA TOKYO(ピノパルーザTOKYO)」が開催されます。

ダン:今までワインというのは、どうしても教室でお勉強するみたいなところがあったけれど、「データを気にしないで楽しみたい」という方たちが多いからなんじゃないかと思います。
別所:若い世代を取り込むコツはあるのでしょうか?
ダン:シンプルに「楽しいこと」。お客さまファーストでやると、自然と若い人たちは集まってくるんですよ。「ファンファースト、ファクトセカンド(楽しむのが1番、うんちくは2番)」だよ。

東京での「ピノパルーザ」では、音楽が流れている中で、グラスを片手に、食事や約100種類のピノ・ノワールのテイスティングを自由に楽しめるイベントです。ダンさんは「ワイナリーやワインの物語を語り合うことで興味を持ってもらい、その先にいろんな“うんちく”があると思う」と語りました。

最後にダンさんの地元・オーストラリアのワインの魅力を訊くと「オーストラリアのワインは、世界中から注目されている。ピノ・ノワールは本当においしいから飲んでほしい」とアピールしました。

気になる方はぜひチェックしてみてください!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。