体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

顧客に愛され500着のスーツを売った経営者のたった一つのシンプルな営業哲学とは?

顧客に愛され500着のスーツを売った経営者のたった一つのシンプルな営業哲学とは?

仕事をしていれば、建前や社交辞令、「嘘ではないけれど100%本当のことではない」といったことを口にしたことは一度や二度はあるはずだ。しかし、そんなとき「正直」になれていない自分を嫌になったり、そんな仕事を辛いと思ったりすることはないだろうか?

「正直者はバカを見る」という言葉もあるが、「バカ正直」を貫いて、アパレルのトップ営業になり、オーダースーツの会社を立ち上げて多くの顧客に愛され、会社を成長させているのが株式会社muse(ミューズ)代表取締役であり、『営業は「バカ正直」になればすべてうまくいく!』(SBクリエイティブ刊)を上梓した勝友美氏だ。

勝氏は営業時代には一年間で500着のスーツを売り、現在、muse(ミューズ)の一着20万円のオーダースーツも飛ぶように売れている。その秘訣は小手先の営業テクニックなどではなく、シンプルに「正直になること」だという。

彼女が貫く「正直さ」とはどのような思いから生まれているのか。

インタビュー前編となる今回は、株式会社muse(ミューズ)で体現される正直さと、多くの人が正直になれない理由についてお話を伺った。

(取材・文:大村佑介、写真:森モーリー鷹博)

――ご著書には、勝さんはスーツを作りにきたお客様に「どんなスタイルのスーツが好みか」ではなく、「なぜ、muse(ミューズ)に来たのか」「仕事における現状は?」「これからどうなりたいか」をヒアリングされるというお話がありました。その質問になぞらえて「なぜ、本を出したのか?」「仕事における現状は?」「これからどうなりたいのか?」を教えてください。

勝友美さん(以下、勝):「なぜ、本を出したのか」の一番の理由は、どういう思いでスーツを作っている会社なのか、muse(ミューズ)という会社を知っていただきたかったというところです。

その中で、自分の思いに真っ直ぐに生きるというところがフィーチャーされることになったので、読者の方が「自分にとって大事にしたいものはなんだろう」とか「自分が生きる上で何に感動して、何を大切にしたいのか」ということを見直すきっかけになってもらえたら、嬉しいですね。

「これからどうなりたいか」でいうと、まず「100年先まで続くブランドをつくる」ということです。

訪れることに価値があるお店をつくりたい。そういうお店って、学びや教育がある場だと思うんです。それとまた会いたいと思える人がいるかどうか。この二点を実現し続けていきたいですね。

もう一つ。人だからこそできる仕事というのを提唱していきたいなというのがあります。

オーダースーツは、機械化と海外縫製が進んで簡略化されていっています。でも、本来オーダーメイドって簡略化するものではなくて、服をつくる目的をしっかりヒアリングして、ビスポーク(既存のものの改変、新調)するものですよね。

なのに、どんどん簡略化されていって、結局、お客様の目的に沿った商品を提供できず、顧客満足度の低下という悪循環が起きていっているんです。

そういった中で、日本は技術伝承がうまくいかなくなり、採寸力と縫製力が低下しているという現状があるのですが、そこで自分たちの会社が、働く人たちとその関係者とお客様の三位一体の「ヴィクトリー」を導ける企業になっていきたいと思っています。

「仕事における現状」は、「女性に服を」という理想と現実がちょっとずつ追いついてきているのかな、というところです。

女性活躍推進が進む中で、レディースのオーダースーツというものはまったく日本で波及していませんでした。オープン当初は、女性のお客様は、月に一人二人とかでほとんどいなかったんですよ。それが、今は半分近くが女性客になって、ようやく自分が思い描いていた理想に現実が追いついてきたところです。

それとこの業界には女性テーラーが少ないという現状もあったので、私が女性テーラーとして先陣を切って女の子たちを育てていって、女性が自分らしい生き方を求められるようになれるようにという思いがありました。

男性テーラーが女性の服を作れないわけではないんですけれど、残念ながら満足度は低いんですよね。

――男性と女性でスーツに求めるものとして一番違うのはどこですか?

勝:女性はやっぱりシルエットとか、見た目のテンションですよね。自分でコーディネートするワクワクとか楽しさとか、そういう感覚的なものをすごく求めています。

男性は自分が求めているものがわかっていないことが多いです。コーディネートもどうしたらいいか。だから、来店される方も「お任せします」とか「助けてください」という方が多いです(笑)。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。