体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【6月30 日まで】自分のデザインした靴が商品化する大チャンス!『第1回ORiental TRafficシューズデザインコンテスト』賞金総額1,000万円!

コーディネートを考えている時やお店で靴を見ている時に「こんな靴があったらいいのに!」と考えたことはありませんか? そんな「こんな靴があったらいいのに!」を叶えてくれるシューズデザインコンテストが5月21日から開催されました。

ORTR_01

最優秀賞は賞金100万円+自分のデザインした靴が商品化!

今回、シューズデザインコンテストを開催したのは、全国に100店舗展開するレディースシューズブランドORiental TRaffic。ショッピングモールやデパートなどで店舗を見かけたことのある方が多いのではないでしょうか。ORiental TRafficの靴は、幅広いサイズ展開と履きやすく可愛いデザインが魅力で、仕事からプライベートまで、様々なシーンで「ファッションを楽しむ」ことができます。
そんなORiental TRafficが開催する初のシューズデザインコンテスト『第1回ORiental TRafficシューズデザインコンテスト』は、「ORiental TRafficをイメージしたシューズ」をテーマに2018年秋冬に向けて、パンプス・サンダル・ブーツなどのオリジナル作品の募集するものです。
作品の受付は5月21日(月)から6月30日(土)までで、賞金総額はなんと1,000万円!最優秀賞作品(5名)の作品は2018秋冬に商品化され、全国の店舗・通販にて販売する予定だそうです。

「第1回ORiental TRafficシューズデザインコンテスト」応募概要

ORTR_02□主催:ORiental TRaffic (株式会社ダブルエー )
□タイトル:第1回ORiental TRafficシューズデザインコンテスト
□募集内容:2018年秋冬においてORiental TRafficより販売するレディースシューズのデザイン
□テーマ:ORiental TRafficをイメージしたシューズ※秋冬のパンプス・サンダル・ブーツどれでも可
□応募期間:2018年5月21日(月)~6月30日(土)必着
□賞金:賞金総額1,000万円最優秀賞 5名×100万円+副賞として2018秋冬に商品化(全国の店舗・通販にて販売予定)優秀賞  50名×10万円
□応募方法応募用紙をダウンロードし、内容を記入のうえ郵送してください。(店頭でも応募用紙と専用封筒を配布いたします。)
□応募条件1.プロアマを問わず応募可能ですが団体ではなく個人での応募に限らせていただきます。2.応募点数はひとり2作品までとし、それ以上の応募は無効となります。2作品応募される場合は、作品ごとに分けて応募用紙をご記入ください。3.応募作品はご自身で創作された未発表のものであり第三者の諸権利を侵さないものに限ります。4.未成年者の方が応募される場合、親権者の同意を得たうえでご応募ください。※当社関係者の方の応募はできません。
□入賞発表:結果発表 2018年9月上旬表 彰 式  9月下旬~10月予定
□問合せ先:contest2018@wa-jp.com

応募について(提出物)

1. タイトル
2. コンセプト 注目して欲しい、デザインのポイントを教えてください
3. カラーのイメージ、またはカラーバリエーション(例:ブルー×ベージュのバイカラー、ブラウン、シルバー etc.)
4. 素材イメージ風合いや感触を教えてください。素材や材質が分かる場合は名称を記入してください。(例:滑かで光沢のある素材、ラメをプリントしたスエード記事、サテン生地 etc.)
5. デザイン画CGやスケッチなど、表現方法は自由です。形や柄などを表現してください。色塗りは自由です。
ORTR_03ORTR_04
コンテストの詳細は下記HPをご確認ください。http://www.orientaltraffic.com/contest2018/#

【Nicheee!編集部のイチオシ】

レースクイーン・ゆんちの初体験♡日記!頭のもみほぐし専門店「悟空のきもち」に行ってきた!
元重量挙げ世界一グラドル!伏美亜里紗の「バーベル“美”より」#6 ~家でもできるトレーニング~
【元NO.1ホステス香織社長の恋愛CLUB】気になっている人に久しぶりに連絡する時は・・・?

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。