体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「BANANA FISH」追加キャスト解禁 ショーター・ウォン役:古川慎など5名

「BANANA FISH」追加キャスト解禁 ショーター・ウォン役:古川慎など5名

 吉田秋生の漫画「BANANA FISH」のアニメ化プロジェクトが、7月5日の放送開始に先駆け、第2弾キービジュアルおよび新PV、キャラクター5名のキャスト情報を追加発表した。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 「BANANA FISH」は小学館・別冊少女コミックで1985年~1994年に連載された作品。漫画家・吉田秋生の40周年記念プロジェクトの一環として、2017年10月22日にアニメ化が発表されていた。

 今回追加発表された5名は、ショーター・ウォン役:古川慎、フレデリック・オーサー役:細谷佳正、伊部俊一役:川田紳司、ユーシス役:福山潤、ブランカ役:森川智之。加えて、オープニング・テーマの担当アーティストが「Survive Said The Prophet」、曲名が「found & lost」に決定したことも発表された。

 また、第1話・第2話の先行上映会の開催が決定。開催日は6月30日で、アッシュ・リンクス役:内田雄馬、奥村英二役:野島健児が出演。詳細は後日公式サイトで発表される。

 テレビアニメの放送はフジテレビ”ノイタミナ”ほかにて7月5日から毎週木曜24:55スタート。ほかに、Amazon Prime Videoにて日本・海外独占配信が行われる。配信は日本では第1話が7月4日24:00頃より先行配信。第2話以降、日本では毎話フジテレビ放送開始1時間後より配信予定となっている。

【コメント】
ショーター・ウォン:古川慎
長い時を経て、BANANA FISHアニメ化おめでとうございます。ショーター役を務めさせて頂くにあたって、収録ごとにその世界観を楽しませて頂 いております。ダーティーな雰囲気が堪らない作品です。ショーターとして、この作品の世界を精一杯生きる事ができるよう、頑張ります。よろしく お願いします。

フレデリック・オーサー:細谷佳正
「BANANA FISH」で、オーサーの声を担当させて頂く事になりました。内海紘子監督の拘りや、最良の選択を模索する為の熟考、製作陣の 本作に対する大きな敬意を感じながら、楽しくお仕事をさせて頂いています。連載終了から20年以上を経てのアニメ化と聞き、オーサーとして 今の自分が関わらせて頂ける事や、今のこのタイミングにとても感謝しています。オーサーというキャラクターが魅力的に届いて行くように、努めさ せて頂きます。

伊部俊一:川田紳司
伝説の大人気マンガ「BANANA FISH」にキャストとして参加させていただけて大変光栄に思います。スタジオでは楽しくも静かな緊張感がありとても良い雰囲気で収録しています。アッシュと英ちゃん、純粋な2人の物語を伊部の目線で最後まで見届けたいと思います。

ユーシス:福山潤
この度、ユーシス役で「BANANA FISH」に出演させて頂く事になりました福山潤です。私が声優になる前この作品に触れ、いわゆる「少女漫画」というジャンルへの概念を根底から変えてくれた、私にとってフェイバリットな作品です。まさか「ユーシス」という大役にてキャストとして参加させて頂けるなんて夢にも思っておりませんでした。心を込めて精一杯、演じさせて頂きます!!

ブランカ:森川智之
吉田秋生先生の「BANANA FISH」アニメ化のニュースを知って、喜びのあまり小躍りし、尚且つ、私も出演できるなんて、こんなに光栄なことはございません。皆さんのご期待に応えられるように、頑張りますので、楽しみにしていてください!

Survive Said The Prophet
色々な意味で、新旧の感覚が混在している作品「BANANA FISH」。今回、この世界観にSurvive Said The Prophetを招いて頂き、その当時の感覚と僕たちが今歩んでいる現代を照らし合わせることが出来ました。また、この曲を書くことを切っ掛けに、どんな未来が待っていても、それを左右する鍵は感情だという事に気が付きました。僕たちにとってもそうだったように、この「BANANA FISH」という作品の中で「found & lost」が、皆さんの感情を揺り動かす曲となることを願っております。 Yosh / Survive Said The Prophet

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。