体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リンクレイター監督が描く“大人のスタンド・バイ・ミー”、映画『30年後の同窓会』が6月に公開

リンクレイター監督が描く“大人のスタンド・バイ・ミー”、映画『30年後の同窓会』が6月に公開

 『6才のボクが、大人になるまで。』のリチャード・リンクレイター監督による最新作『30年後の同窓会』が、6月8日より公開される。

 本作は、妻に先立たれ、戦地で最愛の息子を失い悲しみに暮れるドクが、亡くなった息子を故郷に連れて帰る旅に、30年間音信不通だった戦友・サルとミューラーを誘うところから物語がスタートする。過去の事件でトラウマを抱え、その後の人生が大きく変わってしまった3人が再会を果たし、まぶしかった青春時代と消えない心の傷を見つめ直すことでほんの少しだけ成長する様子が描かれている。

 そして、この映画にとっては音楽も非常に重要な役割を果たしているとリンクレイター監督は明かす。シル・オースティン「Slow Walk」、ボビー・ヘルムス「Jingle Bell Rock」、エミネム「Without Me」、リヴォン・ヘルム「Wide River to Cross」などの使用楽曲の中でも、とりわけ映画に大きな影響を与えているのがボブ・ディランの名曲「Not Dark Yet」だ。『ビフォア・ミッドナイト』など過去3作品でタッグを組んできた音楽のグラハム・レイノルズと“ディランがこの映画の音楽を書いたら”と相談して選んだというこの楽曲は、ディランが病により死を意識した頃の心境が色濃く反映されているという。監督は、「ディランはこの映画全体に影響を及ぼしている。彼の音楽が(劇中で)3人が体験したベトナムと、ドクの息子が命を落としたイラク、2つの戦争を橋渡ししている」と語っている。映画『30年後の同窓会』は、6月8日よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー。

◎『30年後の同窓会』予告編:
https://youtu.be/lM2MgKAsi5c

◎公開情報
『30年後の同窓会』
監督・脚本:リチャード・リンクレイター
原作・脚本:ダリル・ポニックサン「LAST FLAG FLYING」
主題歌:ボブ・ディラン「Not Dark Yet」
出演:スティーヴ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーン
配給:ショウゲート
(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

関連記事リンク(外部サイト)

映画『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』、70~80’名曲揃いのサントラにも注目
リンクレイター最新作『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』、やんちゃで一生懸命な青春コメディ11月公開
クイーンを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』日本公開決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。