体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

瑛太、妻・木村カエラのライブで… 自分が罪な男だと思う瞬間

瑛太、妻・木村カエラのライブで… 自分が罪な男だと思う瞬間
J-WAVEで放送中の番組『GOOD NEIGHBORS』(ナビゲーター:クリス智子)。5月24日(木)のオンエアでは、俳優・瑛太さんをお迎えして、趣味の話や、話題の映画『友罪』の撮影秘話をお訊きしました。

昨年は、番組に弟・永山絢斗さんが出演しました。無口な絢斗さんについて瑛太さんは以下のように話しました。

瑛太:放送事故にならなかったですか?
クリス:大丈夫だと思ってます。あの感じがいいですよね。瑛太さんよりも喋らないですよね。
瑛太:でも僕たちは、根は明るいですからね(笑)。

■芸人志望だった?!

クリス:俳優としてさまざまな役を演じてきて、大活躍中の瑛太さんですが、中学のときは芸人さんに憧れていたそうですね。
瑛太:芸人に憧れたというか、中学1年か2年のときに、偶然、僕が何かを言うと、みんなが笑ってくれた時期があったんです。
クリス:笑わせようとして言ったわけではなくて?
瑛太:笑わせようとは思ってたと思うんですけどね。でも、サッカーをやってたので、選手を目指してました。

俳優になったきっかけ

クリス:俳優になったきっかけはなんですか?
瑛太:中学2年生のときにモデルにスカウトされて、そのときはサッカー選手になりたかったんで断ったんです。名刺だけとっておいて、サッカー推薦で高校に入ったので、本当はやめてはいけないんですけど、1年でやめてしまって、そこからバイトを始めました。ところが、どれも1カ月しか続かなくて、1カ月経って給料をもらうと、ものすごく達成感があるんです。いくつかバイトを続けたけど、どれも続かなくて、現実から逃げるようにモデルを始めたんです。モデルの仕事をすれば、俳優とかになれるのかな、夢の世界に入っていけるのかなって。

■「罪な男だ」と…

続いて、リスナーのみなさんから寄せられた質問に答えました。

リスナー:瑛太さんは写真が趣味ですが、撮影してみたい人はいますか?
瑛太:次は年上の女性を撮りたいですね。光をうまく使って(笑)。
クリス:いいですね! 普段は撮りますか?
瑛太:子どもたちを連れて公園で撮ったり、食事中に撮ったり、家の中でゴロゴロしてる家族を撮ったり。常にカメラは置いてあります。
クリス:写真はまとめてますか?
瑛太:すごくめんどくさいけど、やってます。

リスナー:自分は罪な男だなと思う瞬間はありますか?
瑛太:木村カエラさんのファンの方にとっては、結婚したことは罪ですよね。
クリス:それはお互い様かも。
瑛太:嫁のライブに行ったときに、ちょっと視線が怖いときがあります(笑)。

■映画『友罪』は「探りながら観てほしい」

瑛太さんは、映画『友罪』で生田斗真さんとW主演を務めています。薬丸 岳さんが2013年に発表したベストセラー小説の映画化です。

生田さん演じる、ジャーナリストの道を諦めた益田純一と、瑛太さんが演じる鈴木秀人(少年A)。同時期に町工場で働くことになり、一緒に暮らして友だちになっていきますが、ある事件をきっかけに、鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の犯人なのではないかと、益田が疑い始めます。

クリス:少年Aの役は難しいと思いますが、どうでしたか?
瑛太:監督と話して、神戸の児童殺傷事件の少年Aが書いた手記を読みました。自分が人間である以上、どんな衝動が生まれるかというのは、どんな人間にも可能性はあるんじゃないかと思って、ある意味で共感めいたものが自分の中に生まれてきました。それを基盤に鈴木を膨らませていった感じです。観てくれるお客様に対して、「このキャラクターはこういう心情です」という説明をあまりしないほうが、面白く観られるのではないかと思っています。
クリス:確かに人間の衝動って、いつどうなるかわからないですもんね。「もしかして」と思って観てしまうと、瑛太さんの役が笑うだけで怖いし、歌ってるだけで変な感じがする。事件の後から感情をずっと抑えてきたのかなという気配と……。怖かったですね。役とはいえ、自分を痛め付けたり、泣いたり。
瑛太:そこも、主人公の生田斗真が演じた益田の目線で鈴木を観て「一体こいつは何を感じて、何をしようとしているのか」っていうことを、探りながら観ていただけると嬉しいです。
クリス:瀬々敬久監督も、加害者側の目線にポイントを置いたそうで、加害者家族も被害者遺族も難しい役どころだと思います。

■生田斗真と瑛太…お互い雨男?

撮影は昨年行われたそうで、瑛太さんは天気に左右されていたと振り返ります。

瑛太:今のところ、生田斗真が雨男という設定になっていて、撮影していても雨はやまない。“うだるような暑さ”と台本に書かれているようなシーンでも、どんよりと曇ってたりして(笑)。
クリス:そういうときはどうするんですか?
瑛太:待つか、その日はもう終わりです。
クリス:けっこうヘビーな役だから、そこまで役作りをして行ってるのに「今日はナシ」って……。
瑛太:そうですね。僕自身20代で初主演映画をやったときも、香川県に何十年かぶりの台風がきて、撮影が全然できなくなったこともありました。だから、僕もついてないかもしないです(笑)。

瑛太さんが出演している映画『友罪』、ぜひチェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:『GOOD NEIGHBORS』
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。