体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

楽ちんが一番!マタニティライフを快適に楽しむためのファッション

f:id:akasuguope01:20180323170639j:plain

妊娠期間中は快適に、でもしっかりとお腹周りを守ってくれるファッションを心がけました。 関連記事:妊娠中しか着ないマタニティウェアはフリマアプリでお安くゲット!

妊娠初期の頃はお腹も出ておらず、まだ普段と変わらない服装していましたが、つわりでトイレに駆け込んだ時に苦しくないようウエストがゴムでできているものだったり、ワンピースなどお腹まわりが締め付けられないような服を着用することが多かったです。

また、妊娠するまでは、あまり帽子や手袋などの小物を使うことは無かったのですが、「冷えること」は夏でも冬でも体に良くないと思ったので、寒い時期は帽子やマフラー、手袋をして夏の暑い時期はエアコンの効いた室内でいきなり体が冷えないよう、簡単に羽織れるカーディガンを常に持ち歩いていました。

妊娠が発覚した頃、先輩ママさんからお下がりでもらった洋服の中に、とてもハイウエストで伸縮性の効いたボトムスがありました。

でも「これは履くことないかなー」と思っていた私。ですが、お腹周りが気になってきた妊娠中期頃、そろそろマタニティウェアかな?と考えていたとき、履くことのないと思っていたあのボトムスを履いてみるととっても快適!窮屈じゃない!でもしっかりとお腹をサポートしてくれている感があって楽ちん!と感動しました。

後期に近づいていくにつれて買い足したのは、ウエスト部分が丸々おさまってくれるタイプのレギンスでした。ストッキングやタイツもお腹周りまで覆ってくれますが、締めつけが強いので少しの間クローゼットでお留守番。一方、妊娠中期から着用していたボトムスやレギンスは、出産したあとも着用できていたので、買い足すこともあったほど使いました。

また、産後に授乳がしやすいよう胸の部分が開くタイプのトップス。メーカーによってはデザイン性に優れていて、産後からではなく妊娠期間中でも着ることができたので「買ったのにあまり使わなかったなぁ」となることが私はありませんでした。 関連記事:マタニティウェアは買うべき?窮屈に感じたら、楽だと感じる服を着ることが大切

ほかに、女性のオシャレとして、私はジェルネイルを自分で施していたのですが定期検診のときに助産師さんから「ネイルは出産し終わるまでお休みしてね」と言われました。理由を聞くと「検査が必要になったときにネイルでつけている金属に反応して火傷をしてしまう可能性があったり、爪先の色で異常を感知したりするからよ」と教えてもらいました。

妊娠しているからあまりオシャレはできないかな、と思っていましたが、意外にも普段と変わらないオシャレができて、気持ちも穏やかにマタニティライフが過ごせました。

f:id:akasuguope01:20180323165621j:plain

著者:まっち

年齢:27歳

子どもの年齢:7歳 1歳

子育ても、仕事も、家事も、遊びも手抜きのできないまっちです。子供にはいろいろな経験をしてもらいたいと思い、興味があることには触れさせてあげられるように日々過ごしています。離婚歴があり、悩んだこともあったけど今の自分がいるのは家族がいるから。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

つわりの不快感を和らげるためにマタニティウェアが大活躍!
マンネリコーデも気にしない♪ マタニティウェアは楽なのが一番です
妊娠中の美容院。妊娠初期・中期・後期、行くならいつがベスト?

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。