体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【間取り解説】二人もファミリーも広々!2K、2DK、2LDKの違いと使い方のコツ

2K、2DK、2LDKなら二人以上でもラクに暮らせる

2K、2DK、2LDKは、キッチン以外に部屋が2つあるので、二人以上でも比較的ストレスなく暮らせる間取り。カップルや3~4人のファミリーに人気があり、特に二人暮らしならお互いのプライベートが守りやすいので、初めての同棲に最適な間取りと言える。

今回は、カップルやファミリーに人気の「2K&2DK&2LDK」の特徴と使い方のコツを解説しよう。2K、2DK、2LDKは、家族で暮らすも、同棲、ルームシェアで暮らすも良しな間取り

2K、2DK、2LDKは、家族で暮らすも、同棲、ルームシェアで暮らすも良しな間取りそもそも2K、2DK、2LDKの違いって?

2Kは2部屋とキッチン(K)、2DKは、2部屋とダイニングキッチン(DK)、2LDKは、二部屋とリビングダイニングキッチン(LDK)で構成される間取りで、それぞれの違いはキッチンの広さにある。

1DK、1LDK編で解説したように、公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会では、居室が2部屋以上ある2DK、2LDKの場合、DKは6帖以上、LDKは10帖以上と定められているので、これを目安にするといいだろう。

1DK、1LDK編はこちら!カップルやファミリーにおすすめの2K、2DK、2LDKの間取り

左から、2K、2DK、2LDK。カップルでもファミリーでも広々使えるフレキシブルな間取りだ2K、2DK、2LDKによって変わる暮らしのスタイル

2K、2DK、2LDKの違いはキッチンの広さだけだが、大別すると、暮らしのスタイルやポイントに差が出てくる。2K

2Kは、最近のマンションには珍しいタイプで、基本的にキッチンは調理のためだけの空間になる。キッチンに続く居室をダイニングとして使うことが多く、その居室が和室の場合は、昼はダイニング、夜は寝室と効率よく使うこともできる。2DK

ダイニングキッチンは8帖程度が一般的で、2~3人暮らしもしやすい間取り。ダイニングキッチンに独立性を求めるか、連続性を求めるかで、選ぶべき間取りが変わる。ダイニングキッチンのポイントは、採光性や断熱性が高く、居心地が良いこと。2LDK

カップルや共働き、3~4人家族向きの間取り。広々としたリビング+寝室+仕事部屋(もしくはゲストルーム)という使い方のほか、4人家族なら一部屋を子ども二人で使うこともできる。また、広いリビングを用途に合わせて、うまくゾーン分けできるかもポイントになる。2K、2DK、2LDKの良いところ、悪いところ

2K、2DK、2LDKは、キッチン以外に部屋が2つあるので、二人暮らしでもプライベートが守れる。また、契約条件にもよるが、間取りとしては、子どもができても住み続けられる。

そして、間取りのバリエーションが多いので、スタイルに合わせた物件を選ぶことができ、各部屋をライフスタイルに合わせてアレンジできるところもメリットといえる。

一方、床面積が広くなるので、利便性が高いエリアでは特に家賃が高くなり、2DK、2LDKは居室にキッチンがあるので、生活感が出やすい。また、築年数が古い物件では、エアコンが設置されていない(設置できない)部屋があることも。【メリット】

①. 二人暮らしでもプライベートが守れる
②. 子どもができても住み続けやすい
③. ライフスタイルに合わせたアレンジができる【デメリット】

①. 利便性の高いエリアでは家賃が高くなる
②. 居室にキッチンがあるので、生活感が出やすい
③. 築年数が古い物件は、エアコンがつかない部屋があることも

これらのメリット、デメリットを理解したうえで自分たちのライフスタイルと照らし合わせて部屋の間取りを決めるのがいいだろう。では、どんな人が2K、2DK、2LDKの暮らしに向いているのだろうか?2K、2DK、2LDK暮らしに向いている人余裕を持って二人暮らしをしたい人

もちろんすべての部屋を共有にするのもアリだが、3部屋あるので、キッチンがある部屋だけを共有して2人で一部屋ずつ使ったり、一部屋をゾーン分けして別々に使ったりと、さまざまな使い方が可能。収納が豊富な物件なら、クローゼットを別々にすることもできる。夫婦2人と小さなお子さん1~2人のファミリー

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。