体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Uber、空飛ぶタクシー事業Elevate専用の開発ラボをパリに設置

配車サービスを展開するUberはいま、空飛ぶタクシー事業という野心的なプロジェクトを進めている。その技術開発を行うラボをフランス・パリに設置すると発表した。

今後5年間に、AIアルゴリズムや航空交通コントロールといった分野の開発に2000万ユーロ(約26億円)を投じる見込みだ。

・今秋オープン

2016年に始まった同社の空飛ぶタクシー開発事業Elevate専用のこのラボの名称は「ATCP(Advanced Technologies Center in Paris)」。今後、エンジニアやAIスペシャリスト、コンピュータービジョン研究者らを採用し、今秋にもオープンさせる予定だ。

Uberが描く空飛ぶタクシー事業は、ユーザーがスマホで乗車を予約し、客を乗せるタクシーは自動運転というもの。

機体の開発も重要だが、しかしそれを飛ばすには、機械学習や航空交通管理アルゴリズムをフル活用したスキームの構築が欠かせない。そこを担うのがATCPとなる。

・研究機関と提携も

Uberはまた、理工系研究機関として名高いパリのエコール・ポリテクニークと5年間のパートナーシップを結んだことも発表した。

ATCPと共同で、機械学習をベースとした交通需要のモデリングや、低高度航空交通マネジメントのシミュレーションなどを行う。

Uberは2020年までにデモンストレーションフライトを行う計画で、ATCPの開所により空飛ぶタクシー事業がますます現実味を帯びてきそうだ。

Uber

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。