体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シーザーサラダを「◯◯」でちょいゴージャスに!

シーザーサラダを「◯◯」でちょいゴージャスに!

シーザーサラダの王道レシピといえば、ロメインレタスにクルトン、トマトに粉末のパルメザンチーズをまぶすスタイル。

今回「Food52」でPlum Pieさんが紹介しているのは、そんな定番スタイルにひとひねりを加えたスペシャルバージョン。ポイントは、ゴートチーズです!

キャラメルに似ていてやや甘め、とよく耳にするゴートチーズ。これを下に敷くのが彼女のスタイル。さらにさらに、オーブンでカリッと焼いたパルメザンチーズをトッピングするあたり、チーズ好きの歓喜の声が聞こえてきそう。

ゴートチーズのシーザーサラダ

シーザーサラダを「◯◯」でちょいゴージャスに!Photo by Food52

ゴートチーズも大好きだし、自家製シーザードレッシングも私のお気に入り。ちなみにドレッシングはヒタヒタにしすぎないのが好みです。

これはワシントンD.C.にあるレストラン「セントラル・ミシェル・リチャード」でいただいた一品を参考にしたレシピ。だってシーザーサラダとゴートチーズが組み合わさったメニューを見たら、試すほかないでしょう?

ということで、ここでは味と色味を引き出すためにローストトマトを付け足した、自家製ゴートチーズ・シーザーサラダのレシピです。

材料:2人分

シーザーサラダを「◯◯」でちょいゴージャスに!Photo by Food52

<シーザードレッシング>

バターミルク:1/3カップ

マヨネーズ:大さじ2

すりおろしたにんにく:1片

レモン果汁:大さじ2

アンチョビペースト:小さじ1/2

ディジョンマスタード:小さじ1/2

塩こしょう:適量

 

<サラダ>

パルメザンチーズ(粉):3/4カップ

チェリートマト:10個

オリーブオイル:大さじ1/2

バルサミコ酢:小さじ1

ロメインレタス:2玉

バルサミコ酢:小さじ1

ゴートチーズ:115g

すりおろしたにんにく:1片

乾燥したオレガノ:小さじ1

ホイップ用生クリーム:大さじ1

作り方

【1】ドレッシングの材料を全部混ぜる。味付けには塩こしょうを。使うまでは冷蔵庫で保存しておく。

【2】ゴートチーズを冷蔵庫から出して、室温でやわらかくなるまで少し待つ。にんにくをすりおろして、オレガノとクリームと混ぜる。やわらかくなったゴートチーズをハーブクリームのミックスに混ぜて、横に置いておく。

【3】オーブンを前もって175℃に温めておく。チェリートマトをオリーブオイル、バルサミコ酢、塩こしょうと混ぜる。トマトがはじけてくるか、ところどころ茶色く焦げてくるまで20分ほど焼く。できあがったらオーブンから取り出す。

【4】次はオーブンを205℃に設定。

【5】シリコンもしくはパーチメント紙を敷いたベーキングシートの上にパルメザンを大さじ1振りかける。次にチーズに1cmほど間隔をあけて、パルメザンチーズを1/2カップ振りかける。残りの1/4カップは盛り付け用にとっておく。黄金色のカリッとした焼き上がりを目安に5分間オーブンに入れる。取り出して冷ます。シーザーサラダを「◯◯」でちょいゴージャスに!Photo by Food52

【6】ロメインレタスを水で洗ってから切る。ペーパータオルで挟み、使うまでは冷蔵庫に保存。

【7】サラダのプレートの一番下にゴートチーズのムースを敷く(量はお好みで)。私は1角をカットしたジップロックの袋に入れてデザインを作るけど、スプーンでもおもしろいデザインができます。ほかのサラダ皿も同様にゴートチーズを乗せていく。

【8】ロメインレタスを軽くドレッシングにからめ(一番最後にドレッシングを上からかけるので、この時は量を少なめに)。レタスを均等にサラダ皿に盛り付ける。

【9】サラダの上にローストトマトを均等に乗せる。大さじ1のドレッシングを上からかけて、パルメザンの粉をまぶす。カリカリに焼いたパルメザンを乗せたらできあがり。シーザーサラダを「◯◯」でちょいゴージャスに!Photo by Food52

【Food52レビュー】

レストランメニューという枠組みを持ちながらも、家庭料理のスピリットを感じます。サラダの下に敷かれたゴートチーズにチェリートマトを振りかけて、カリッとしたパルメザンで仕上げるごちゃ混ぜの食感がミソ。

どのパートも簡単にできちゃうし、前もって作っておけるのがまた嬉しい。だから焦らなくてOK。次のディナーパーティにでも作りましょう。

追記:私たちはロメインレタスは破らず、ロスを拠点とするシェフ、スザンヌ・ゴインを見習ってすべて積み重ね、内側のやわらかい葉っぱをそのまま使いました。Written by Plum PieLicensed material used with permission by Food52

関連記事リンク(外部サイト)

サラダにのせる「クルトン」あれをジャガイモで代用
こういうサラダを毎日食べたい!
茹でるだけでほぼ完成!チーズとミント香る「グリンピースサラダ」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。