体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

動画マニア定評のマルチメディアプレーヤー3選

動画マニア定評のマルチメディアプレーヤー3選

AVIやFLVなどさまざまな形式で保存したファイルを見るには、Windowsの標準プレーヤーよりマルチメディアプレーヤーの方が有利なのはご存じの通りです。そこで、動画フリークの間で鉄板の3種類のマルチメディアプレーヤーを紹介します。どれも基本性能は優秀なので、お好みで選んでOKです。

マルチメディアプレーヤーを比べた

マルチメディアプレーヤーとして定評があるのは「VLC media player」と「MPC-HC」と「DVDFabメディアプレーヤ-2」の3種類。試しにYouTubeの4K動画をダウンロードし、再生画面を比べてみました。

ちなみに、マルチメディアプレーヤーは初期設定のままで使用。いずれも4Kファイルの再生自体はスムーズでした。「VLC media player」はコントラストが若干マイルドなので、気になるならビデオエフェクトで調整するといいでしょう。

コントラストや明るさをはじめ、細かく映像を調整したいなら圧倒的に多機能な「VLC media player」が第1候補です。特に「ビデオエフェクト→ジオメトリ」にて画面を自由に回転できるのは秀逸な機能。スマホで撮影した動画が、横向きに表示される場合に有効です。

日本語対応マルチメディアプレーヤー

元ソースとしたYouTubeの映像に、最も近い色合いだったのは「MPC-HC」になります。TS抜きをした4Kファイルの再生用として、再注目されたのが記憶に新しいマルチメディアプレーヤー。軽くて操作性バツグンです。

実際には、2000年代初頭からWindowsの標準プレーヤーの代わりとして開発されてきた歴史のあるツール。シンプルながら、幅広い形式に対応するのが特徴。日本語に対応します。なお、2017年7月リリースの「v1.7.13」で更新が終了しました。

「DVDFabメディアプレーヤ-2」は、コピーツールで有名なDVDFabシリーズの日本語対応で使いやすいマルチメディアプレーヤー。最新版の「5」は有料ですが、旧バージョンは無料で使用できます。AACSが施された市販BDは条件付きで再生可能。有料版の試用というかたちで、30日間はOKとなります。

関連記事リンク(外部サイト)

テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
YouTubeの検索テクニックを駆使して動画を探す

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。