体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

久しぶりにパンケーキを食べたくなったら、読んでおくべき本とは

久しぶりにパンケーキを食べたくなったら、読んでおくべき本とは

ついこの前まで、パンケーキは大ブームでございました。行列ができる人気店に並んだ経験のある方も少なくないのでは…。最近は、あまり耳にしなくなってはいるものの、たまに食べたくなる時、ございませんでしょうか。

そもそも、パンケーキってホットケーキと違うの? 「いまさら」な疑問でございます。海外のパンケーキが続々日本上陸を果たした2000年頃に話題になっていたはずでございます。

諸説あるようですが、パンケーキとはフライパンで焼いたケーキ全般を指し、ホットケーキはパンケーキの一種という説が有力のようでございます。つまり、近年のパンケーキは、日本で長年愛され続けてきたホットケーキと別物ではないということでございます。

そんなパンケーキ、いやホットケーキを扱った絵本はたくさんございます。子どもが大好きな食べ物だからでございます。「ぐりとぐら」でも登場いたします。とはいえ、毎年1冊でるかでないかのペースでございます。

ところが、この春、なぜかホットケーキ絵本が2冊、出版されたのでございます。それもどちらも人気作家様の作品でございます。ただの偶然なのか、再ブームの兆しなのか…。ちなみに、どちらも今流行りの大人が読んでも楽しめる“大人絵本”でございます。

是非、久しぶりのパンケーキが食べたくなった方は、お店に行く前に、こちらの絵本を読んで頂きたいのでございます。モチベーションがあがること間違いナッシングでございます。そらから ぼふ~ん 大型本 – 2018/3/20
Amazon.co.jpより

「そらから ぼふ~ん」(作:高畠 那生)

こちらは大人から人気の高い絵本作家、高畠那生様の最新作でございます。毎回、切り口が鋭い高畠様ですが、この絵本の特長は、ホットケーキを五感で楽しめることでございます。通常、ホットケーキ絵本といえば「おいしそう~」くらいですが、こちらは、五感をゲッツ!そそってくれるのでございます。その理由は、読んでのお楽しみでございます。

お話の内容はというと…、ある日、林の中に「ぼふ~ん」と巨大なホットケーキが空から落ちてきます。その現場に遭遇したある男の物語でございます。

余談ですが、最初のタイトル案は「ホットケーキがおちてきて。」だったとか…。さらに、この絵本のゴイスーなところは、絵本のカバーの一部がペーパークラフトになっているところでございます。切り取って組み立てると、絵本の世界を表現した小さなジオラマが楽しめるのでございます。是非、こちらもお楽しみくださいませ。ホットケーキのおうさま 大型本 – 2018/4/19
Amazon.co.jpより

「ホットケーキのおうさま」(作:二宮由紀子 絵:朝倉世界一)

こちらは、ある日、ホットケーキ達が、ホットケーキの王様を選ぶというお話。1番大きいホットケーキ、1番豪華なホットケーキ、1番固いホットケーキ、…、様々なホットケーキたちが、ホットな戦いを繰り広げます。いったいどんな結末が待っているのか…というストーリーでございます。

お話は、数々の絵本の賞を受賞されている二宮由紀子様。そして、絵は、漫画家の朝倉世界一様が描かれております。

以上、読めばパンケーキが食べたくなること間違いナッシングな絵本でございます。是非、パンケーキのお供にご一読くださいませ。

(文:N田N昌)

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。