体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウォレットアプリ「Kyash」が今夏より実店舗での支払いに対応、Google Pay経由で

ウォレットアプリ「Kyash」を提供する Kyash は 5 月 24 日、今夏にも実店舗において Kyash を利用した支払いが可能になることを発表しました。
Kyash は、「Kyash VISA カード」と呼ばれる VISA プリペイドカードを作成することで、オンラインショップで通常の VISA クレカと同じようにカード払いができるようにするサービスです。
「Kyash VISA カード」へのチャージは、コンビニ払い、ペイジー、クレジットカード(VISA と MasterCard)が対応しています。
この「Kyash VISA カード」はこれまでオンラインショップでしか利用できませんでしたが、今夏にも Google Pay に対応する予定で、その時からおサイフケータイに対応した機種で非接触決済が可能になります。
Google Pay は今夏、実店舗での支払いサービスとして QUICPay に対応します。
QUICPay は後払い式の電子マネーで、そのチャージ元に Kyash が設定できるという仕組みです。
チャージ元は他にも JACCS と JCB が同時期に対応する予定です。
そのため、支払いができるのは QUICPay が使えるお店で、これは全国に 72 万店あるとされています。
実際には、お店で「QUICPay で払います」と伝え、Google Pay アプリで QUICPay を開き、レジのリーダーにかざす、という流れになると思います。

■関連記事
DropboxがAndroidをアップデート、チーム作業での利便性を向上
YouTuneミュージックが始まった今、Google Playミュージックはどうなる?
YouTubeアプリの新しい小窓プレイヤーが展開開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。