体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

YouTubeアプリの新しい小窓プレイヤーが展開開始

YouTube が昨年から Android アプリユーザーを対象にテストしていた新しい小窓プレイヤーですが、最近になってエンドユーザーに展開された始めた模様です。
再生中の動画を下にスワイプするか、戻るボタンをタップすると、今再生中の動画は下に小さく表示されます。
この表示が新しくなりました。
新しい小窓プレイヤーは、画面の左右いっぱいに表示され、動画だけでなく、動画タイトルや提訴・再開ボタンも表示されるようになりました。
新しい小窓は左右へのフリックだけでなく、下にスワイプすることもで消せます。
機能的にはこれまでとさほど変わっていないように見えますが、UI のスクロール作業で小窓を間違えてタップしてしまうミスが減ったように思います。
ちなみに、新しい小窓プレイヤーは順次展開されているようですが、私の端末の場合、システム言語の設定を英語と日本語で切り替えていると、運良く表示されるようになりました。

■関連記事
YouTuneミュージックが始まった今、Google Playミュージックはどうなる?
YouTubeのWEBサイトで動画のシェア・チャット機能が利用可能に、共有メニューも刷新
XiaomiのMi 8はシースルーボディを採用か?

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。