体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「運用でカバー」では、プロジェクトが崩壊する!―運用者よ、上流工程に参画せよ!

「運用でカバー」では、プロジェクトが崩壊する!―運用者よ、上流工程に参画せよ!

いつもサービスを支えてくれているシステム運用の「中の人」たち。企画や開発が作ったシステムを言われたままに守り、何かトラブルが起きたら「運用でカバー」などと丸投げされがちですが、海外では運用責任者の承認がないと、プロジェクトは次工程に進めないのだとか!

妖精「運用☆ちゃん」との出会いがきっかけで、自分の仕事=システム運用の価値がだんだんと分かってきた2年目システム運用担当者 海野 遥子(うんの ようこ)が、体当たりでお伝えします。

海外では運用責任者の承認がないと、次工程に進めない!?

い、いま、なんておっしゃいましたっ!?

ハイ。運用責任者の承認なしに、プロジェクトは次工程には進めませんって言いました。

開発に運用が口を挟む。そんなのって、あり得るんですか!? てっきり、運用のオシゴトって、企画や開発が作ったシステムをそのまま受けて、言われたままに守る役割だと思っていました……(実際、そんな感じだし)

その声、ほんとうによく聞くわね(ニホンの運用現場では特に)

Sounds unreasonable. それは合理的ではないですね。

だって、実際にシステムが価値をユーザに提供するのはリリースしてから、すなわち運用段階でしょう。ユーザに最も近く、かつサービスを提供する当事者が企画や開発にかかわらないって、考えられないです。

ご、ごもっとも!

運用責任者は要件定義やシステム構築レビューにも参加

1 2 3 4 5次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。