体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

心を許した友人が、かつて日本中を震撼させた事件の犯人だったら…?

1805245

『64 -ロクヨン-』の瀬々敬久監督が、薬丸岳の同名小説を映画化した『友罪』が公開。

ジャーナリストの夢に破れた益田。他人との交流を避ける無口な鈴木。町工場で出会い、同じ寮で暮らし始めた2人は、やがて少しずつ友情が芽生えてゆく。だが、ある事件をきっかけに益田は、鈴木が17年前の連続児童殺害事件の犯人だった”少年A”ではないかと疑い始める──。

許されない罪を犯した男と、癒えない傷を抱えた男。2人と、彼らに関わる人々をも巻き込んだ、衝撃の結末とは? 公開は、5月25日より。

友罪
監督・脚本:瀬々敬久
出演:生田斗真、瑛太、夏帆/山本美月、富田靖子
(2018年/日本)
5月25日(金)全国ロードショー
©薬丸岳/集英社
©︎2018 映画「友罪」製作委員会
http://gaga.ne.jp/yuzai/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。