体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

胃痛や胃酸過多に牛乳は効果的ってホント? 食生活で胃痛をケアする方法は

胃痛や胃酸過多に牛乳は効果的ってホント? 食生活で胃痛をケアする方法は
来てほしくもないのに突然やってくる胃痛、お悩みの方も多いのではないでしょうか?

胃痛を和らげる方法として、牛乳を飲むことで胃壁を守ることができると言われていますが、医学的にはどうなのでしょうか?

今回は、本当に牛乳が胃痛に効果的なのか医師に聞いてみました。

つらい胃痛の原因は?

つらい胃痛

胃では強い酸性の胃液が分泌されていますが、胃の粘膜には胃自体を胃酸から守るしくみがあります。この胃を守るしくみと胃酸のバランスが崩れると、胃の粘膜が傷ついてしまいます。

おもな胃痛の原因としては以下のようなものがあります。

空腹

空腹のときにも胃酸はある程度出ていますが、消化すべき食べ物がないので、胃粘膜へのダメージが大きくなり、痛みが起こりやすくなります。

自律神経の不調

胃酸の分泌量を調整している自律神経のバランスが崩れると、必要以上に胃酸が出て胃酸過多になり、痛みが起こりやすくなります。

胃粘膜の傷

胃粘膜が傷つき、えぐれ(潰瘍)が起こると、強い痛みが起こります。これが急性胃炎や胃潰瘍です。

ピロリ菌

ヘリコバクター・ピロリ菌は、酸を中和する仕組みを持っており、胃酸の中でも生きることができますが、ピロリ菌がいると胃炎や胃潰瘍になりやすくなります。

胃がん

胃がんがあるために痛みが起こる場合もあります。

胃のけいれん

胃は筋肉の層でできていますが、この筋肉の秩序だった動きが乱れると、筋肉がけいれんしたようになり、痛みが起こることもあります。こういった状態が機能性胃腸症や機能性ディスペプシアと呼ばれます。

原因が胃以外にある可能性も

胃のあたりが痛い場合、胃ではなく食道・十二指腸・胆のう・膵臓・心臓などの病気の場合もあります。

胃が痛いときに牛乳を飲むことは効果的? 

胃痛に牛乳は効果的?

牛乳は胃に膜を作り、胃酸を薄めることができますので、空腹で胃が痛い場合には楽になるかもしれません。温かい牛乳を飲むとリラックスでき、痛みを忘れられることもあるでしょう。

しかし胃粘膜や筋肉が深く傷つき、穴が開いてしまっているような場合(穿孔)は、胃に物を入れると穴を通ってお腹の中のスペース(腹腔)に食べ物が流れ出し、強い炎症を起こすこともあります。

痛みの程度が強く、冷汗が出るほどの場合には、何も飲食しないほうがよいでしょう。

また、牛乳に含まれる脂肪分により消化不良を起こし腹痛が起こる可能性もあります。

胃痛を食べ物でコントロールするには?

食事と水分で胃痛を予防

胃痛を食事から改善するには以下のポイントに気をつけましょう。

胃痛を悪化させやすい食べ物

胃痛があるときには、アルコール、タバコ、からいもの、酸っぱいもの、熱すぎる・冷たすぎるもの、炭酸を含む飲料、カフェインなどは避けましょう。

また、胃を通り抜けるのに時間がかかる油モノ、生野菜などもやめておいた方がいいでしょう。

胃痛を引き起こしやすい食生活

夜遅い時間に油モノとアルコールをドカ食いするような生活は、胃にも負担が大きいですし、眠りが浅くなり翌日の眠気やだるさにもつながり、肥満や動脈硬化のリスクも大きくなると言われています。

寝る前数時間は胃を休めるようにしましょう。

食べ方の工夫も大切

よくかんでゆっくり食べることで、胃の負担を減らすことが期待できます。同じ量を一日に食べるのであっても、一回の食事の量を減らし、食事回数を増やすほうが胃には負担が少なくなります。

食事と一緒に多量の水分を取ると、胃の容積が一気に増え、負担が大きいので、食後の水分は控えめにしましょう。

最後に医師から一言

食事時間を一定にし、睡眠を取り、ストレスを解消し、規則正しい生活をするのが、胃にも優しいと言えます。

ピロリ菌は胃の症状を悪化させますので、胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)、便検査、血液検査、呼気中の尿素濃度の検査などでピロリ菌が検出された場合には、除菌治療を行いましょう。

(監修:Doctors Me医師)

関連記事リンク(外部サイト)

朝の胃痛は病気のサインかも…気になる原因と予防対策を教えて!
胃が痛いときの原因は症状でわかる 胃痛セルフケアを知っておこう
【医師監修】胃痛の症状・原因・治療法について

Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。