体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

絶対に、自動運転よりも先に広まるべきテクノロジー

絶対に、自動運転よりも先に広まるべきテクノロジー

マニュアル車よりもオートマ車が一般的になり、運転をするときの“無駄”が取り除かれた。この単純化のせいで、より眠気を感じやすくなったという声も耳にする。

加えて、高速道路を走る際には欠かせない機能になっているクルーズコントロール。ますますドライブは簡単になっている。

ふと考えてみると、自動運転化に少しずつ移行している今は、運転する僕たちにとって一番中途半端な期間なのかもしれない。

一定の速度をキープできても、ハンドルを握っていなければいけない。自動駐車ができても、すべての運転をしてくれるわけではない。

複雑だったものが効率化されてシンプルになっているけど、テクノロジーが安全性を担保しきれていない。だからこそ、「Ridy」のような交通事故を防ぐ“手段”としてのテクノロジーが普及してほしい。

このプロダクトは、表情筋の動きや瞬きの回数、目線の方向、首の傾き、リアクションスピードなどの要素から、居眠り運転を防止するためのアラートを出してくれる。思わずスマホを使ってしまったときにも、「道路を見てください」という声もかけてくれる。

テクノロジーが交通事故を減らしてくれるという考えもあるけど、今の時期はこれをうまく利用して、僕たちは安全を確保するべきなのかもしれない。絶対に、自動運転よりも先に広まるべきテクノロジー© 2018 Ridy絶対に、自動運転よりも先に広まるべきテクノロジー© 2018 RidyLicensed material used with permission by Ridy

関連記事リンク(外部サイト)

Uberが自動運転トラックを開発。安全に運ぶのは人だけじゃない
「ゴミ収集車」が自動運転になると、清掃員のシゴトはどう変わる?
「自動運転車のドライバーに免許証は必要なし」。カリフォルニア州の新方針に世界が注目するワケ

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。