体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

賃貸で二人暮らしするのに必要な部屋の設備って?いる・いらないの見極めポイントを紹介

二人暮らしで「本当に」必要な設備を見極める方法って?

バリエーションが豊富なために、ついあれもこれもと欲しくなってしまう設備。「何となくあったほうがいいかも?」という軽いノリで決めてしまうと、暮らし始めてみると全然使わなかった、ってことも少なくない。しかしその分しっかり家賃に反映されているため、付いている設備を使わないってことは無駄に高い家賃を支払うことにもなるのだ。

今回は同棲経験がある先輩たちのリアルな選択を参考に、必要な設備を見極めるためのステップとポイント、そして、お互いに必要と感じる設備が食い違った場合のすり合わせ方をご紹介する。新居での二人の暮らしを具体的にイメージしたうえで、こだわりたい設備を決めていこう!

新居での二人の暮らしを具体的にイメージしたうえで、こだわりたい設備を決めていこう!設備の決め方の流れとポイント

二人にとって必要な設備を決める際の流れとポイントは以下の3つ。①. 必須の設備・妥協できる設備をざっくりと考え、共有

重要なのは二人の希望を最初に共有し、そのあと優先順位を考えること。ただ最初から絞りすぎると物件の選択肢が狭まるため、あまり深く考えすぎないようにしよう。初めての二人暮らしなら、月々の出費は抑えておいた方が何かと安心。今の生活で特に必要を感じていないものはなくてもOK、という割り切りも必要だ。②. 物件検索サイトで実際に検索

ざっくり互いの希望の設備がすり合ったらさっそく検索。「追い焚き付き物件特集」など、設備から物件を検索できるサイトも多い。必須の設備が明確にある場合は、ぜひ活用を。検索するうちに、他の希望の条件との兼ね合いであきらめざるを得ない設備が出てくるはずだ。③. ライフスタイルや予算に合わせて、本当に必要な設備を精査

妥協せざるを得ない設備については、新居での生活を明確にイメージして精査しよう。たとえばお風呂に入る時間が異なるカップルの場合、追い焚き機能は後から欲しいと思っても付けられない。さらにガス代・水道代の節約にもつながるので、優先順位を上げる。逆に浴室乾燥はあったら確かに便利だけど、電気代がかさむから今回はパス……といった具合だ。同棲経験ありの先輩に聞いた! いる or いらないもめた設備は何?

ここからは、同棲の先輩のリアルな選択と、もめた場合の解決法を紹介。「いる・いらないでもめた設備は?」という質問に対する、先輩たちの回答はこちら!同棲経験のある先輩に聞いた「いる・いらないで揉めた部屋設備は何?」という質問への回答は、「追い焚き機能」(38%)、「コンロ2口以上」(36%)、「オートロック」(34%)、「収納が広いこと」(23%)、「TVモニター付きインターホンの有無」(19%)、「インターネット設備の有無」(14%)、「カウンターキッチン付き」(14%)、「24時間ゴミ出し可能」(10%)、「ディスポーザー付き」(6%)、「IHクッキングヒーター付き」(6%)という結果に!

いる・いらないでもめた設備第1位は「追い焚き機能」(38%)。第2位は「コンロ2口以上」(36%)、第3位は「オートロック」(34%)という結果に!

ガス・電気関連の設備がツートップとなった。かつては室内洗濯機置き場、ウォシュレットなども物件を選ぶ時に必要かどうか迷う設備の代表だったが、最近では付いていて当たり前の設備になりつつある。女性の一人暮らし同様、オートロック、TVモニター付きインターホンなどセキュリティ関連設備にも皆さん関心が高い様子。設備のいる・いらないはこう判断!

自分にとっては必要な設備でも、相手は興味がないかも。迷ったら実際の生活をシミュレートし、予算と照らし合わせて判断しよう。家具・家電での代替方法も要検討!追い焚き機能

帰宅時間によってはガス代の節約に貢献

コストを理由にするなら、二人が続けざまに入浴した方がずっとお得。でもお風呂に入る時間がどうしてもずれてしまうカップルなら、追い焚きはぜひ欲しい設備だ。いちいち浴槽を洗って毎回水を沸かすのはコストが高いし面倒くさい。一方で、二人暮らしには絶対必要な設備だと思ったけど、暮らしてみたら相手はほとんどシャワーしか使わなかった!なんてことも、よく聞く話。コンロ2口以上

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。