体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleレンズのリアルタイム認識が新しいUIと共に展開

現在国内では提供されていない Google レンズのリアルタイムスキャン機能が新しい UI と共にエンドユーザー向けに提供されているようです。
Google レンズは、AI を活用したビジュアル検索機能で、Google アシスタントがカメラに映る物体を識別してそれが何かを特定するほか、名刺やレシート、文書等のテキストを抽出することもできます。
これまで、Google レンズで何かを識別するにはカメラビューの物体をタップする必要がありましたが、最新の Google レンズではそれが不要になり、物体によってはカメラをかざすだけで認識され、関連情報を調べたりすることができます。
また、最新版では、複数の物体を認識することにも対応し、一度の利用で複数の関連情報を一気に識別・検索できるようになりました。

■関連記事
MapFanのお出かけプラン作成アプリ「MapFanAssist」が登場
Vivo、真の全画面スマホ「Apex」の製品版を6月12日に披露か?
全国タクシーのアプリがGoogle Payに対応

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。