体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

要人警護「SP」が手で口を覆う仕草の意味は?

要人警護「SP」が手で口を覆う仕草の意味は?

国内外のVIPを警護する「SP」はセキュリティポリスの略。ドラマや映画の題材としてよく取り上げられるSPは、ほかの警察官とは違っていわばスーツ姿が制服。装備品もSPならではのものとなっています。そこで、体を張ってVIPを警護するSPの拳銃などの装備品について詳しく見ていきましょう。

要人警護の拳銃はオートマチック

VIP警護のスペシャリストであるSPことセキュリティポリスとは、警視庁警備部警護課に所属する警官のこと。その他の警察本部では「警備隊員」「身辺警戒員(PO)」などと呼ばれて区別されています。

SPがよく使用する拳銃は「SIG P230JP」です。SIG社製の32口径小型オートマチックで、1995年頃から配備が開始。SP専用ではなく、一部の制服警察官や私服警察官にも支給されています。

「グロック17」はSPや警衛官などに配備されているグロック社製の大型ハンドガンです。軽量なポリマーフレームや、扱いやすいトリガーセーフティなど独自の仕様を備えています。

要人警護はカールコード型イヤホン

SPは拳銃や特殊警棒のほか、防弾アタッシュケースや防護板、防弾コートなどを装備し、万が一に備えています。襟に付けるバッジは「SP」。偽造防止用に不定期にカラーを変更します。ネクタイはSPの文字デザインが抜かれた赤色です。

ドラマや映画で描かれるように、SPは無線通信を頻繁に行っています。無線機を内ポケットに隠し、コードを袖に通してマイクを手の中に収めて使用。手の平で口を覆うようにして通話を行えば、連絡を取っているようには見えません。

イヤホンも髪の毛やメガネなどで目立たないように工夫しています。SPや特殊部隊で採用しているのは半透明のカールコード型イヤホンセットです。首の後ろから耳に通して使用します。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
覆面パトカーの見分け方「ユーロアンテナ」とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。