体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

個性的な食文化を満喫!“夏のシチリア”料理パーティープラン


イタリアで一番大きな島・シチリア島。イタリア本土とはまた違った魅力があふれるシチリア島の郷土料理を心ゆくまで大皿料理で堪能できるパーティープランが登場する。

サーウィンストンホテルのイタリアンレストラン「リストランテ マンジャーレ」は、6月1日(金)~8月31日(金)の期間、“夏のシチリア”をテーマにした「サマーパーティープラン~夏のシチリア便り~」6000円(税・サ料込)を提供する。時間はディナータイムの17:30~21:00で、人数は2名から利用可。

シチリア島は地中海のほぼ真ん中に位置し、歴史的にも多くの国々から支配を受けた島でもある。そんな背景のもと、様々な宗教や文化の影響を受け、典型的な南イタリア料理に北ヨーロッパ、アラブやアフリカなどの要素をミックスしたシチリア独自の個性的な食文化が作られた。

シチリア料理の主役は、なんといっても新鮮で豊富な魚介類。中でもカジキマグロはシチリア料理に欠かせない食材となっている。他にも仔牛やパスタなども、シチリア郷土料理の特徴的な食材だ。


シェフお勧め4種の前菜盛り合わせから始まる「サマーパーティープラン~夏のシチリア便り~」は、シチリア発祥のパスタ仔牛のラグー「プカティーニ」、魚料理の「カジキマグロのギオッタ風」、肉料理には豚の王様「ラル・ポーク」のグリル エビス風などのシチリア料理を、大皿で豪快に思う存分味わうことができる。

デザートには「パティシエ特選 豪華な8種のデザートタワー」や、90分のフリーフローも。


大人の雰囲気が漂うレストランで、独創的なシチリア料理を満喫しながら、地中海の風を感じてみては?

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。