体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Acer、第8世代Coreプロセッサを採用した高性能Chromebook「Chromebook Spin 13」と「Chromebook 13」を発表

Acer は 5 月 23 日、毎年恒例の「next@acer」イベントを米国・ニューヨークで開催し、第 8 世代の Intel Core プロセッサを搭載した高性能 Chromebook 「Acer Chromebook Spin 13」および「Acer Chromebook 13」を発表しました。
この 2 機種は、アルミニウム合金を用いた軽量かつ耐久性の高いボディとゴリラガラスを用いたタッチパッドを採用するなどビルドクオリティは高く、13.5 インチ FHD+(2,256 x 1,504)のサイズで、アスペクト比 3:2 となるディスプレイを搭載しており、Android アプリの実行をサポートしています。
また、USB 3.1 Gen1 準拠の USB Type-C ポートを備え、Wi-Fi ac 2×2 MIMO や Bluetooth v4.2 のワイヤレス規格もサポートしています。
Acer Chromebook Spin 13(CP713-1WN)は、360 度回転ヒンジを備えたハイブリッド型 Chromebook で、CPU は Intel Core i5-8250U または Core i3-8130U から選択できます。
メモリは最大 16GB、ROM は最大 128GB です。
Acer Chromebook 13(CB713-1W)は一般的なノート PC のフォームファクターを採用しており、プロセッサは Intel Core i3-8130U、Intel® Pentium 4415U、Intel Celeron 3865U から選択できます。
メモリは最大 16GB RAM、最大 64GB ROM となっています。
Source : Acer

■関連記事
Qualcomm、Snapdragon 710のリリースを発表、スペックも公開
Google PayがSuicaとWAONに対応開始、今後はQUICPayも
ドワンゴ、延期していたniconico新バージョン「(く)」を6月28日に提供開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。