体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Qualcomm、Snapdragon 710のリリースを発表、スペックも公開

Qualcomm は 5 月 24 日、Snapdragon ファミリーの新モデル「Snapdragon 710(SDM710)」のリリースを発表し、スペックなどの詳細を公開しました。
Snapdragon 710 は幅広いのユーザー層にプレミアムモデルの機能を提供することを目的に開発された中上位クラスの SoC で、マルチコア AI エンジンとニューラルネットワーク処理機能を装備しており、AI タスクをハイエンドモデル並みの速さで処理できるのが売りです。
その性能は Snapdragon 660 と比較して最大 2 倍とされています。
Snapdragon 710 は 800 シリーズと同様に 10nm プロセスの下で製造され、CPU に最大 2.2GHz 駆動の Kryo 360? オクタコア(スペックシートには Kryo 260 と記載されているため)、GPU に Adreno 616 を採用しています。
やはり AP のスペックは Snapdragon 845 から下げられているようです。
また、4K HDR の動画再生やデュアルカメラ構成、X15 LTE モデムを採用しており、下り速度は最大 800Mbps まで出すことができ、Snapdragon 710 は現行のハイエンドモデルに要求される機能をほぼカバーできるポテンシャルを持っています。
Snapdragon 710 は本日より利用可能で、2018 年Q2、つまり今四半期中に商用デバイスが発売されます。
Source : Qualcommスペックシート

■関連記事
Google PayがSuicaとWAONに対応開始、今後はQUICPayも
Acer、第8世代Coreプロセッサを採用した高性能Chromebook「Chromebook Spin 13」と「Chromebook 13」を発表
ドワンゴ、延期していたniconico新バージョン「(く)」を6月28日に提供開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。