体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゴミで栽培される「キノコ」がウィーンで注目を集めている

ゴミで栽培される「キノコ」がウィーンで注目を集めている

黒いビニール袋を使って栽培されるオーストリア産のキノコ。

これを聞いただけでは大したことないと思うかもしれないが、「Hut&Stiel」が育てるのはウィーンの文化を守るためのキノコだ。

大量消費がつづくウィーン

コンサルティング企業Mercerによる生活環境の良い都市を評価するランキングで、9年連続1位を獲得しているウィーン。それでも「Hut&Stiel」によれば、毎日約44トンものコーヒーかすが捨てられているという。

ウィーンは生活環境だけでなく、コーヒーカルチャーも世界に誇れる。だけど、コーヒー豆の大量消費が続けば、ネガティブなイメージがまとわりついてしまうかもしれない。

自国の文化に危機感を覚えたFlorian HoferさんとManuel Bornbaumさんは、使い道のなかった“ゴミ”でキノコを培養するアイデアを思いついた。

「コーヒーかす」で作られるキノコ

ゴミで栽培される「キノコ」がウィーンで注目を集めている© 2017 Hut&Stiel

コーヒーを淹れるためにコーヒー豆は1%しか使われていない、というのはどこかで聞いたことがあるかもしれない。

FlorianさんとManuelさんは、残りの99%をカフェやレストラン、ホテルから回収して、それを利用したキノコの培養方法を開発。そして、栽培した食料を提供しているお店に送り届けるという仕組みをつくった。

すでに多くのレストランも協力していて、「Hut&Stiel」のキノコを使ったレシピもホームページに載せられている。ゴミで栽培される「キノコ」がウィーンで注目を集めている© 2016 Hut&Stiel / Karin Hackl Photos

ちなみに、「Hut&Stiel」が配達をするときには自転車が使われる。細かなところだが環境に対するこだわりを感じる。

多くの人にとって大量消費をすぐに止めるのは難しい。たくさんの“ゴミ”を利用して、人々の注目を集めて環境に気を使ってもらう方法をFlorianさんとManuelさんは実践しているのかもしれない。

今となってはコーヒーかすもキノコ栽培に欠かせない“材料”だ。Reference: Quality of Living City Ranking / MercerLicensed material used with permission by Hut&Stiel

関連記事リンク(外部サイト)

旬のキノコも冷凍すべし。うまみUPで良いことずくめ
「参加費3,000円のゴミ拾い」大人気の秘密に迫る
薬用キノコたっぷりの「マッシュルームコーヒー」がブレイクの予感

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。