体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まっすぐがんばりたくなる話

まっすぐがんばりたくなる話

まっすぐな人を見ると、ああ自分もこうありたかったんだ、と思い出す。鋤田正義(すきた まさよし)さんは、まさにそういう人物だった。

5月19日から公開されている映画『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』は、デヴィッド・ボウイや、イギー・ポップ、マーク・ボラン、ジム・ジャームッシュ、寺山修司、YMO、忌野清志郎などなど、そうそうたる面々を撮ってきた写真家、鋤田正義さんを追ったドキュメンタリー。

ポートレート写真を中心に、当時交わしていたやり取りや制作現場の様子が、本人と関係者によって語られる。彼の写真に対するこだわりや、その仕事を信頼する人々のコメントはどれも熱狂的だが、本人のテンションはしごく静かでおだやかだ。

この5月に80歳を迎えた鋤田さんは、初日の舞台挨拶で、撮る側から撮られる側になったことについて、恥ずかしいというかなんというか……、と照れくさそうに話していた。

 

「信念としては、人を撮るときはフィフティ・フィフティというか、同じ目線で、上からでも下からでもいやだと密かに思ってるんです。だから、写真は多くの人に見てもらいたいので展示をいろんなところでするんですけど、あんまり有名になりたくないっていう気持ちが一方ではあるんです。映画になったら巨匠とか言われちゃうでしょう? そうなると、ポートレートをやりにくくなるもので。ちょっと違ってくるなあって。風景でもやろうかなあ……」

 

ジム・ジャームッシュ監督は、初めてのカラー作品『ミステリートレイン』以外の作品でスチール写真集をつくらなかった理由について、鋤田さんが撮った写真以上のものができないからだと言っていた。無知で恐縮ながら、日本人が撮っていたのか、と驚いた。作中では、写真撮影のためだけにテイクを重ねていた背景などが紹介される。ほかにも、これを撮った人なのか!と、著名な作品の多さに驚く。

過去のエピソードを見ると、制作現場での体当たりな工夫などもあり、そのアイデアにハッとさせられる。彼自身、もっとすき間をつくらなければと反省した、過去の作品のこだわりようも必見だ。彼の「あまり有名になりたくない」という言葉は、良い写真を撮りたいという一心を表すひと言だろう。時代の寵児と呼ばれるようなひと癖もふた癖もある偉人たちが鋤田さんを信頼していたのは、この実直な姿勢が理由だったに違いない。まっすぐがんばりたくなる話『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』

デヴィッド・ボウイをはじめ、イギー・ポップ、マーク・ボラン、ジム・ジャームッシュ、寺山修司、YMO、忌野清志郎など、時代の寵児たちをカメラに収め、代表的なポートレートやアルバムジャケットを数多く手掛けてきた日本人写真家・鋤田正義。彼の軌跡をたどりながら、鋤田とコラボレーションしてきた世界に名だたる著名人がそんな彼の人柄や撮影秘話などを語る貴重な映像が盛り込まれたドキュメンタリー映画。

【監督】相原裕美 

【出演】鋤田正義 布袋寅泰 ジム・ジャームッシュ 山本寛斎 永瀬正敏 糸井重里 リリー・フランキー クリス・トーマス ポール・スミス 細野晴臣 坂本龍一 高橋幸宏 MIYAVI PANTA アキマ・ツネオ 是枝裕和 箭内道彦 立川直樹 高橋靖子 他

【製作】コネクツ ハピネット スペースシャワーネットワーク パラダイス・カフェ パルコ 鋤田事務所 

【配給】パラダイス・カフェ フィルムズ 2018年/日本/カラー/ビスタ/Digital/5.1ch/115分 

©2018「SUKITA」パートナーズ 

公式サイト:sukita-movie.com 

 

 Licensed material used with permission by パラダイス・カフェ フィルムズTop Photo by ©2018 「SUKITA」パートナーズ 

関連記事リンク(外部サイト)

デヴィッド・ボウイが亡くなってから一年。彼が歩んだ「変化の歴史」とは?
世界中のミュージシャンからリスペクトされる「日本人トリオ」
「新しい紙幣に、デヴィッド・ボウイを」約4万人の署名が集まる

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。