体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サルサもトルティーヤも自分でつくる「家タコス」

サルサもトルティーヤも自分でつくる「家タコス」

スーパーに足を運べば、いろんなお菓子が簡単に手に入るけど、やっぱり市販のものよりも、手づくりのほうがなんだかおいしく感じるもの。お菓子づくりが得意な「Food52」のAshley McLaughlinが今回教えてくれるのは、とっておきのコーントルティーヤチップスのレシピ。

ざっくり説明すると、生地をこねて焼くだけ。超簡単が、彼女流。
できあがったら、セビーチェを乗せて……く〜う!最高!

自家製とうもろこしチップス

サルサもトルティーヤも自分でつくる「家タコス」

超カリカリのコーントルティーヤチップスを自宅でつくれるだなんて、思いもしなかったでしょ?これはぜひみなさんにマストで試してほしい一品です。

トッピングとスパイスの組み合わせも無限大。手づくりチップスで友だちをアッと言わせましょう。ナチョスパーティにも使えますし、自家製のワカモレやサルサにディップするのもGOOD。レシピは簡単すぎて仰天しちゃうかも?

これであなたも立派なトルティーヤチップスづくりのプロです!

材料:64枚分

<コーントルティーヤ>

マサ・ハリナ(とうもろこしの生地粉):2カップ

お湯:1と1/4〜2カップ

塩:小さじ1/2

<コーントルティーヤチップス>

コーントルティーヤ:16枚

サフラワー油(もしくはひまわり油かグレープシードオイル):大さじ2

海塩:小さじ1

ライム:2個

作り方

<コーントルティーヤ>

【1】マサ・ハリナを大きなボウルに入れる。

【2】1と1/4カップのお湯に塩を溶かす。

【3】マサ・ハリナの上からゆっくりお湯を注ぎながら、スプーンで混ぜる。

【4】2分ほど生地を手でこねる。べたつかず、パサパサしすぎないように丸める。もしもパサついてポロポロ崩れてしまうようであれば、水を足す(個人的には1と1/2カップの水がちょうどいいですが、鮮度や気候も関係するので、うまく調節を)。子ども用工作粘土くらいの冷たくてなめらかな質感が目安。濡れてベトついているようならマサ・ハリナを追加。パサつくようなら水を足す。

【5】生地が入ったボウルにキッチンタオルをかぶせて、30分〜2時間ほどキッチンカウンターで寝かせる。みずみずしくするにはこのステップが鍵。

【6】生地を16等分にする。

【7】手で生地を丸める。その際、手をタオルで覆う(生地はなめらかで少しねっとりした質感に。乾燥気味なら、指先に水を何滴かつけておくと効果的)。

【8】25x25cmのベーキングシート2枚、17x17cmのベーキングシート16枚用意。これを使って伸ばせば、くっつかないので楽チン。同時に平たいお皿か、15cmよりも幅が広い皿を用意する。

【9】大きい2枚のベーキングシートの境目に丸めた生地を置いたら、体重をかけて、お皿を生地に当てることで生地を平たく伸ばす。

【10】だいたい半径15cm、厚み0.3cmが理想。お皿で生地を平らに広げられなければ麺棒を使い伸ばす。ベイキングシートに乗せたまま、丸い形を維持できるようにいろんな方向に伸ばす。

【11】ゆっくりベイキングシートから生地を剥がして、小さいベイキングシートに移す。生地の上にベイキングシートを重ねて、その上にまた生地を置いていく。

【12】きれいな形にするには、ボウルを使ってくり抜くか、半径15cmほどの丸いアイテムで成型する。

【13】伸ばし終わったら、油不要の鉄フライパンを中火にかける。

【14】フライパンが温まったらトルティーヤを1枚ずつ焼く(片面1分ずつが目安)。

【15】できあがったトルティーヤはトルティーヤウォーマー(なければそれが入るサイズの器)に積み重ねて、温かいまま出したければタオルをかぶせておく。冷めてきたら、角がカリッとしてきても、丸められる程度のやわらかさは保てるはず。

<コーントルティーヤチップス>

【1】あらかじめオーブンを200℃に温めておく。先ほどの大きめの2枚のベイキングシートを使用。

【2】焼いたトルティーヤを4等分にして、両面に油を塗る。料理用のハケを使うと塗りやすい。

【3】油を塗り終わったら、チップスをベイキングシートに一列に並べて、上から塩をふる。

【4】黄金色でカリッとするまで、8〜11分ほど焼く。カリッとした食感は、冷ますことでさらに増す。

【5】ライムソルト味をつけるなら、オーブンから出した直後に新鮮なライム果汁を指で軽く振りかける。それからしっかりと冷ます。

【6】サルサとワカモレにディップ。ナチョスを用意するのもおすすめ。

【7】追記:市販のトルティーヤを使ってもOK。でもやっぱり自家製が一番です!Written by Ashley McLaughlinLicensed material used with permission by Food52

More Contents from Food52:
Perfect Popcorn
Sweet and Spicy Pretzel and Nut Mix

関連記事リンク(外部サイト)

「ドレッシングを食べる」が目的に変わるレシピ4選
多森サクミさん(米粉料理研究家)が教える、米粉でつくるバレンタインのお菓子
おばあちゃんがつくるマサイ戦士の「チカラめし」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。