体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ギフト対応】珈琲通もスイーツ好きもうならせる『氷温熟成珈琲ゼリー』なら、贈った相手は喜ぶ一方なのか!?

大正9年創業の日本のコーヒーブームとともに歩んできた、焙煎強めの本格コーヒーメーカー・キーコーヒーが夏の風物詩として毎夏リリースしている『氷温熟成珈琲ゼリー』が美味しいらしい。とはいえ所詮コーヒーゼリー。虎の威を借る狐じゃないが、コーヒーの美味しさにおんぶに抱っこなのではないかと疑いつつ、食べてみる。

とろーりとしたテクスチャーがゼリーよりもコーヒーサイドにぐんと近寄る不思議で特別な美味しさ

コーヒー好きとしては、コーヒーの派生品としか思えないコーヒーゼリー。どんなにこだわってもやはり、コーヒーをこんな風にして変化をつけてみました感がにじみ出て、喫茶店でもコーヒーとコーヒーゼリーを頼むのも重複するし、どちらかを選ぶとしたらやはりコーヒー優先なので、そんなに食べる機会は多くない。

重厚感…

そこまで美味しさに感激した経験もほぼないので、どうしても二の次の存在のイメージだった。キーコーヒー『氷温熟成珈琲ゼリー』(90g×6個・希望小売価格 税込3,045円※送料込・2018年2018年8月末まで販売)は、そんなコーヒーゼリーの限界に挑戦した特別な一品。何しろ注文を受けてからパティシエがひとつずつ手作りしているというのだ。通販専売品とはいえ、かなり力が入っている。

コーヒーにミルク必須な人のためのポーション入り

豪華な化粧箱は、やはり贈答品前提ならでは。贈り物としては、その重量感とともに文句ない。一箱に詰め込まれているのは、『氷温熟成珈琲ゼリー』が6個と、クリーミーポーション 生クリーム仕立て(4.5ml×15個)。

割り算すると、これ1個で500円超え

もちろん冷蔵庫でしっかり冷やしてから食べる。容器はガラス。それも一癖あるフォルムで高級感がある。ふたを開けると、自家焙煎珈琲店のような香ばしくも苦味も感じる絶妙なコーヒーアロマが鼻先で花開く。

まずはミルクを入れずに食べたい

まずはポーションを入れずにそのままスプーンを差し込んでみる。ふるふるふる。ものすごい勢いでコーヒーカラーの表面が震える。コーヒーゼリーとはいうものの、これは半固形タイプ。しっかり固まっているのではなく、コーヒーの中に果てしなく柔らかいジェルの塊が浮かんでいる感覚。

今にもコーヒーに戻りそうな柔らかさ

つるっと食べると、実にコーヒー。申し訳程度の甘みがまた絶妙。さらにポーションを入れると、完全に混ざりきらないゼリー部分としっかり混ざるコーヒー液がコントラストを醸し出し、もはやコーヒー専門店レベル。これは何とも新感覚の美味しさだ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。