体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まやちぐらの秘密を大公開!−猫専用アパートin 沖縄

こんにちは!
たぶん沖縄初、猫専用アパート
「まやちぐら」オーナーの田場正親です。

無事に融資の許可が下りて、お世話になった猫アパートオーナー、設計士、建築会社、ガス屋等々の苦労が水の泡にならずホッとしました。

もし融資の許可が下りなければ、何人の時間を大量に無駄にしてまうか、想像しただけでもゾッとします…。

融資が下りてホッとしたのも束の間。部屋の間取りはある程度固まっていたのですが、お次は壁紙、床材、 キッチン、トイレ、お風呂等の全ての設備を細かく決める膨大な作業が…。

六法全書のような分厚いカタログで、それぞれ性能を確認しつつ、スミからスミまで嫁と決めていきました。大学受験の時より大変でしたが、そこに住む人と猫の楽しそうな生活風景を想像しながらできたので、こちらも楽しくなりニヤニヤしながら選ぶことができました。

壁紙

壁は、猫が引っかき傷の跡を残しにくく、ニオイも付きにくい壁紙を床から1メートルの高さまで設置。万が一傷をつけたとしても、壁紙全体ではなく一部分だけ交換できるようにしてるんです。

エコですね!

そして壁紙がひっかきにどれだけ強いのか限界まで試そうと思い、自分の爪でガリガリガリガリ!

さすが強化壁紙。
私の爪は全く歯が立ちませんでした。

「じゃあカッターでは?」

サンプルで頂いた壁紙にカッターの刃をスーっと入れてみると、普通にめっちゃ切れました。やはりいくら強化壁紙とはいえカッターで試すのはNG(笑)。

コンセント

まやちぐらではほぼ全てのコンセントを床から1メートル以上離した高い場所に設置してあります。現実に起きている事故の一つに、猫が電源コードをかじり感電したり、それを飼い主が助けようとして、飼い主も感電してしまう事故があります。そういった不幸な事故を極力減らせるよう、そうしています。

愛する猫が感電する姿なんて見たくありませんよね。もしあなたがコードだらけの部屋で猫を飼われているようであれば、100均などでも手に入るコードカバーの設置を強くお勧めします。

トイレ

そしてトイレ!まやちぐらではトイレにかなりこだわっていて、人間用と猫用共にトイレの場所を一緒にしております。また、人間用のトイレは、強い洗剤を使わなくても簡単にお手入れできるトイレを使用しています。強い洗剤が跳ねたら危険ですからね。

トイレの扉には猫用のくぐり戸があり、ドアを閉めた状態でも猫が自由に出入りできるようにしてあります。また、平均的なサイズの猫用トイレを3つ分置けるスペースを確保。まやちぐらでは猫が3匹まで飼えるので、このスペースは必要不可欠でした。

トイレには棚も多めに設置!猫砂の予備や掃除道具などがたくさん置けるようにしています。

「ここここんなに収納が!?」
見る人全員がかなり驚きます。

しかし実はこの棚、賃貸部分にしかないんです。
予算の都合でオーナー部屋のトイレには棚がありません。棚…私も欲しかったですが、みんなが喜んでくれているので良しとしましょう(笑)。

そしてそして!トイレ自体や本体周りの壁紙などはタカラスタンダードさんのホーロー製品を採用!

まやちぐらではトイレをはじめとしてこのホーロー設備が多く設置されています。なぜなら「掃除が楽で長持ちする」からです。設備が長持ちしてくれれば交換する頻度も少ないので、借りる方も貸す方もお金をあまり使わずにすみます。

初期投資がどうしても高くなるのですが、長い目で見て、こちらの方がお互いに得だと判断しました。

何より掃除の時短が魅力です。
掃除にかける体力もお金も少なくてすみます!
ここまで考えるオーナーはなかなかいないはずっ!
タイムイズマネー。
入居者さんが意識していないところで節約の応援をしています。

電気も全てLED。
ガス屋さんにも交渉して、ガス代も安くなるようにしてます。

そんな風に、私が入居者だったらどういった部屋だったら住みたいかをとことん考え抜いた結果を部屋に表しています。

来月はこの他のこだわり抜いたまやちぐらのスペシャルな設備を紹介していきます。

マンションにもなかなか無い「ありえない設備」と、見学に来てくださった不動産業者さんが驚愕していました。

「田場さんまじヤバイっす」
と若い不動産業者がついつい言ってしまった設備とは…?

お楽しみに!

 

猫専用デザイナーズアパート:田場正親

にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。