体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

広い工場内をラクラク移動! BMW、自社向けモビリティ「Personal Mover」開発中

広大な構内や工場内を移動するのはなかなか骨が折れるものだ。端から端まで歩いて移動するのはちょっと…という場合もあるだろう。

実際に従業員が工場内を歩いて移動するのに時間がかかっている様子をみて、それをなんとかしようとBMWがパーソナルモビリティを開発中だ。自転車のようなハンドルがあるが、ペダルをこぐのではなく立ったまま移動できるという新しいタイプの乗り物だ。

・最高速度は時速25キロ

「Personal Mover」と呼ばれる電気で動くこの四輪の乗り物は、60×80センチのプラットフォームにハンドルが付いていて、直進はもちろん体重移動で直角に曲がることもできる。最高速度は時速25キロ。

操作は、右ハンドルのアクセル、左ハンドルのブレーキで行い、方向指示ライトやクラクションもついている。誰でも乗れるものを、というコンセプトで開発されているだけあって、いかにも使いやすそうだ。

・作業の効率アップに

Personal Moverの開発の背景にあるのは、BMWのプラントやロジスティックセンターで働く従業員が1日12キロ超も職場内を歩いているという事実。より速く移動して作業効率を高められるように、とこのモビリティが考案された。

設計の段階で重視されたのが安全性や乗りやすさはもちろん、荷物を載せられること。プラントやロジスティックセンターではパーツなどを持ち運びすることが多いためだ。そうしたニーズを反映して、Personal Moverには自転車にあるようなバスケットを備え、また足元にも荷物を置くスペースがある。

Personal MoverはBMWグループの敷地内(建物の内外)で使用される予定。ゆくゆくはBMW以外、たとえば空港やショッピングモールといったところへの提供も検討するようだ。

こんな乗り物、我が社にも!と思う人はけっこういるのではないだろうか。

BMW Group

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。